産後コラム

女性に多い反り腰。その原因と改善策は?

多くの女性が悩んでいるといわれる腰痛や「ぽっこりお腹」ですが、原因は、女性によく見られる反り腰にあると考えられています。

反り腰によって、腰痛、むくみ、冷え症、お尻の垂れ、O脚などの不調が現れやすくなります。「ぽっこりお腹」は、開いた骨盤のせいで内臓が下がることが主な要因でしょう。

ここでは、その厄介な反り腰の原因と改善策についてまとめていきます。

反り腰を引き起こす要因

①筋肉の衰え
運動不足や加齢によって、体全体の筋肉が衰えることが原因となります。
女性は男性よりも体を支える筋力が少ないので、反り腰になりやすいといわれています。また、長時間同じ姿勢でいると背中などの筋肉が凝り固まってしまい、悪化させてしまう恐れもあります。

②体型の変化
肥満や妊娠によってお腹周りが重くなると、重心が自然と前にいってしまうので、腰を反らせて体のバランスを保つ癖がついてしまいます。

③ヒールの高い靴
ヒールの高い靴を履いているときは、つま先立ちで歩いているのと同じ状態です。
そのため、前にかかった体重をもとに戻そうと後ろに反ってしまいます。

④椅子の座り方
長い間椅子に座ってパソコン作業をする方は、前傾姿勢になりがちです。
座っているときに腰への負担を減らそうと、無意識のうちに反り腰になっています。
猫背やストレートネックの人も、注意が必要です。

普段できる改善策

反り腰を少しでも改善したいなら、反れている腰を反対に丸めるストレッチや、背中の筋肉をほぐすマッサージ、筋肉を強くするための筋トレがいいでしょう。また、太ももやふくらはぎのストレッチも効果的です。
緊張で凝り固まった筋肉を柔らかくし、血行を促進させることで、骨盤の位置を正しい状態に持っていくことができます。

しかし、何よりも大切なのは日常生活で正しい姿勢を意識することです。

日々の姿勢への意識と努力が、反り腰の予防と改善につながっていくはずです。
少しでも快適な毎日を過ごせるよう、実践してみてはいかがでしょうか。

出産後に起こる様々なマイナートラブル

産前・産後のマイナートラブルは、個人差はあるものの多くのママにみられる症状です。
また、赤ちゃんのお世話や毎日の家事などで疲れがたまりやすく、ホルモンバランスの変化などにより、心も体も不安定になりやすいです。
忙しい毎日で自分のことは後回しにしてしまいがちですが、ママ自身の体も労わってあげてくださいね!

産後に起きるトラブル

1. 尿漏れ
多くの人が妊娠中に経験する「尿漏れ」ですが、産後も続いてしまう人が多いです。
一般的に膀胱と子宮の位置が元に戻り、骨盤底が回復してくる産後3~4か月にはだんだんと尿漏れすることも少なくなってきます。

2.抜け毛
出産により減ってしまったホルモンの影響で毛が抜けたり、髪がうすくなってしまう事があります。
一時的なもので、日がたてば回復していくことが多いですが、ストレスなどが多いと回復が遅れる事があるので注意しましょう。

3. 肌荒れ
産後はホルモンの影響によって肌質が変化する人も少なくありません。
また、産後は疲れや睡眠不足などによりゆっくりと手入れする時間が取れないことが多く、肌の状態は自然と悪くなりがちです。
一般的にホルモンの状態は産後3~4か月で自然と改善していくことが多いですが、保湿アイテムなどで上手に乗り切りましょう。

4. 乳腺炎
おっぱいがうまく出ずに強い痛みを伴う事もある乳腺炎は、乳腺が詰まって炎症をお押してしまっている状態の事を言います。
甘いものや油っこい食事が原因となる事もあるので、食事は和食中心を心掛けましょう。

5. 腱鞘炎・肩こり・腰痛
赤ちゃんを抱っこ・おんぶする機会が増えるため、手首を痛めたり肩こり・腰痛に悩まされる人が多いです。
母乳育児の場合には薬等を使用できない事もあるので、ひどい場合は専門機関への受診がおススメです。

産後太りはどうすればいい?

出産後、痩せると思っていたのに逆に太ってしまったという方結構多いのではないでしょうか?
デニムのウエストラインにどんと贅肉が乗ってしまっているママさん。そんな産後太りについてご紹介します。
育児に忙しいからと運動不足になっていませんか?また間食に甘いものばかり食べていませんか?
原因の一つは、代謝機能の衰えです。
妊娠中から運動不足になり、出産後ホルモンバランスが崩れ代謝機能も衰えてしまいます。
まずは、簡単にできる運動と食事、入浴方法を見直していきましょう。

出産2ヶ月後くらいから少しずつ始めてみてください。

・よく歩くように心掛ける。
少し離れたスーパーまでベビーカーを押しながら買い物に出かけたり、一駅分歩くように心掛けたり一日30分から始めてみて下さい。

・食事を見直す。
糖質や脂質の多い食事は避けるようにしましょう。しかしここでは過度な食事制限は禁物です。
白米を玄米に、主菜、副菜とバランス良く摂ることが大切です。
間食に甘いものを食べている方は、ナッツ類にするとよいでしょう。
食べ方の順番も野菜から肉類、魚類を食べ最後にご飯を食べるようにすると脂肪がつきにくくなります。
また、コーヒーを紅茶に変え生姜をすり下ろして飲むと発汗作用がありぽかぽかしてきます。

・入浴を見直す。
毎日湯船に20分浸かるように心掛けましょう。
体を洗ったらまた湯船に浸かり、洗髪したらまた湯船に浸かるようにしましょう。
この時38度~40度位のぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがいいです。
血行が一周するのが、1分間。
代謝機能も高まり、半身浴よりも全身浴の方が効果的です。
忙しくてなかなか時間がとれないと思いますが、一日の入浴の時間だけは、確保出来るように
家族に相談してみましょう。

代謝も高まり汗が出やすくなったら痩せ時です。
綺麗にデニムを履きこなしていきたいですね。

「産後の歯のケア」

出産後ママさんの歯は虫歯になりやすいと言われています。
妊娠中は唾液の分泌が減り出産後はホルモンバランスの崩れで虫歯になりやすくまた間食に甘い物ばかり食べて忙しくて歯も磨かなかったりという環境がますます虫歯を増やす傾向にあるようです。
今回は、正しい歯のケアをご紹介していきます。

歯磨きは横磨きではなく縦磨きを心掛けましょう。

朝起きたらまず歯磨きを

朝食後ではなく起きたらすぐ歯磨きをしましょう。
この時歯磨き粉は必要なくブラッシングだけで大丈夫です。
朝食後に歯磨きをすると夜中に増殖した雑菌を体内の中に取り込んでしまいますので注意が必要です。

夕食後の歯磨きは念入りに

夕食後は30分以上経ってから歯磨きをしましょう。
食後すぐに歯磨きをすると歯のエナメル質を傷つけてしまいます。
最低10分以上は磨くことを意識しましょう。
少量の歯磨き粉を使用し少量の水を含んでよく洗い流すようにしましょう。
食べかすが溜まりやすい歯間は見えている歯以上にトラブルを招きやすいところです。
歯ブラシとデンタルフロスなどを使用し、しっかり汚れを落としていきましょう。

洗口液に頼らない

洗口液はあくまで歯磨きの後に口の中をさっぱりさせるものとなっています。
洗口液だけで終わらせて良いとは言えません。
歯磨きの代わりにはなりませんので、注意が必要です。

歯茎のマッサージを

歯ブラシで歯茎をマッサージすると炎症を起こして黒ずんでしまいます。
指でマッサージするようにしましょう。

うがいをしましょう

口うがいと喉うがいは別々に行いましょう。
歯磨きのあとに口うがいを行いその後喉うがいも行いましょう。

歯は一生のものですので、忙しいからとほっておいては虫歯を増やしていくばかりです。
またチョコレートやラムネなどのお菓子も口の中で広がり虫歯になりやすいと言われています。
毎日の歯磨きが自分に自信を与え笑顔も増えます。今日から始めていくことが大切です。

産後の「骨盤ケア」に適した時期とは

「じゃあ、実際にいつから始めたらいいの?」と疑問に思いますよね。結論からお答えすると、出産2カ月後から6カ月の間が適切だと言われています。その理由は、出産直後は出産による大きな負担で骨盤もママの体調もまだまだ不安定、まずは休みことが最優先だからです。
 
なので、そろそろ体調が落ち着いてくる2カ月後からスタートするのがおすすめです。前述のホルモン「リラキシン」が出産から6カ月ほど分泌されているので、骨盤や関節にまだ緩みのあるうちに、正しい位置に戻してあげるといいでしょう。
産後の骨盤ケア、時期が遅いと手遅れになる!?
 
骨盤の状態をはじめ、ママの体調が落ち着いてくる出産後2カ月〜6カ月の間が適切だとされている、産後の骨盤ケア。
そうは言っても、なかなか体調が回復しなかったり、慣れない育児に奮闘でそれどころではなかったり…。気がついたら産後半年以上、いや、1年以上経ってしまった!という方も、きっと少ないないと思います。
 
特に気になる症状や困っていることはないけれど、このままほったらかしにしてもいいのかな?
時間が経ってしまってからの骨盤ケアは意味がないの?
今回は、そんな疑問にお答えしていきましょう。
 
産後6カ月以上経ったら、もう手遅れなの!?
 
結論からお伝えすると、産後6カ月以上経ってしまっていても、遅すぎることはありません。
特に初めての出産&育児だと想像以上の大変さに、自分のことまで考えられないママは多いものです。
また、ワンオペ育児で赤ちゃんを預かってもらえる人がいなかったり、年の近いお子さんもいたりすると、骨盤ケアに行きたいけど時間がとれない!というのが本音だと思います。
 
たしかに、産後2カ月〜6カ月のうちにケアできればベストですが、その時期を過ぎても大丈夫。中には、友達や姉妹が通っているのを聞き「当時は知らなかったので…」と出産から数年過ぎてケアを始める方もいます。
 
ただし、産後6カ月を過ぎると、ホルモンの影響で緩んでいた骨盤や周辺の筋肉、靭帯などが徐々に固まってきます。また、子どもの抱っこや姿勢のクセなど骨盤に負担がかかる生活をしていると、出産時よりさらに歪みが進んでしまっていることも。そのため、出産から時間が経つほど、矯正に時間がかかる可能性が高まります。
 
とはいえ、そのまま放置してしまうとトラブルにつながることも。今ならいける!と思い立ったタイミングで、ぜひ、始めてみることをおすすめいたします。
 

産後の骨盤ケア、いつから始めればいいの?

マタニティ専門誌はもちろん、最近ではテレビなどでも取り上げられることがある「産後の骨盤ケア」。何となく気になっている・興味があるという方も多いと思います。

産後ケアって何?

無事に出産を終え、自宅に帰ってほっと一息…といきたいところ。しかしながら、実際には、心身共にまだまだ出産疲れが残る中、慣れない育児と日々の家事に追われ、ゆっくりと休んでいられない・なかなか自分のケアまで手が回らない…と、自分のことは後回しにしてしまうママも少なくありません。

妊娠中から出産にかけて、歪みが生じやすくなる骨盤。その原因は、妊娠中に分泌されるホルモン「リラキシン」にあります。「リラキシン」の分泌により、骨盤や関節が緩み、分娩時にはスムーズな出産を促してくれますが、これが歪みが生じる原因にもなるのです。

歪んでしまった骨盤をそのままにしておくと、関節の可動範囲が過剰となり、痛みやむくみが出てしまうことも。だからこそ、トラブルが起こってから対処するのではなく、起こる前に早めにケアすることが大切です。

なぜ産後の骨盤ケアが必要なの?

妊娠中から産後にかけて、歪みが生じやすくなる骨盤。
妊娠すると分泌されるリラキシンの影響により、骨盤&関節が緩みます。
分娩時には産道を広げスムーズな出産を促しますが、この緩みが歪みを生じる原因でもあるのです。
出産後、ホルモン分泌は次第に落ち着きますが、緩んでしまった骨盤や関節が元の状態に戻るのには、なんと半年以上もかかるとか!

【そのままにしておくと、どうなるの?】

関節が緩んだ状態で放置しておくと、関節の可動範囲が過剰になってしまうことも。
本来の可動範囲以上に動かすことは、関節に痛みが生じる原因にもなります。また、骨盤周辺の血行が悪くなり、その結果、むくみや冷え、腰痛などさまざまなトラブルの原因となってしまうことも考えられます。だからこそ、痛みや気になる症状が出る前に早めにケアすることが大切です。

【体型が崩れてしまう原因にも!?】

「出産後、体重は元に戻ったのに体型がなかなか戻らない…」実は、出産後の体型変化に悩みを抱えている人は多く、まさに「産後あるある」なんです。
骨盤が緩む=開いたままになることで、内臓下垂を促しぽっこりお腹の原因にも。
体重は出産前と変わらないはずなのに、お気に入りのパンツやスカートが履けなくなっていませんか?
だからといって「産後太りだから仕方ない」と諦めることはありません。適切なケアを行うことで、出産前はもちろん、それ以上のスタイルアップも可能です。

妊娠・出産は、非常に大きな人生の一大イベントであり、母体にかかる負担や心身ともにかなりのものでしょう。産後もゆっくりと休む間もなく、育児がスタートです。
赤ちゃんを抱っこしての授乳や沐浴など、骨盤に左右不均等な力が加わる姿勢も多いため、腰痛や凝りが発生しやすくもあります。つい、自分のことは後回しにしがちな時期ですが、ぜひ自分の骨盤をいたわってあげましょう。

産後の骨盤ケアで不調改善!

産後、肩こりがひどい、恥骨が痛い、または、尿トラブルや不眠に悩まされているといった方はいませんか。

妊娠中は赤ちゃんを守るゆりかごの役目を果たし、出産時には回転しながら下りてくる赤ちゃんが通りやすいように道をつくる骨盤は、赤ちゃんのために妊娠・出産で大きく広がります。その際、リラキシンという体内ホルモンの分泌の影響で、骨盤周りの靭帯や筋肉は柔らかくなり、関節がグラグラの状態にあります。

通常広がった骨盤は、産後3~4ヵ月かけてゆっくり元に戻ろうとします。でも、この時期は、お母さんが一番頑張ってしまう時期です。妊娠前や妊娠中に既に骨盤の歪みがあったという人はもちろん、長時間抱っこしたり、授乳時に横すわりになったり、前かがみになったりすることで、骨盤が正常な位置に戻らなくなってしまうことがあります。これらに加えて、赤ちゃんのために無理をしてしまうお母さんもいるのではないでしょうか。育児による疲労も、体を歪ませる大きな原因の1つです。

歪みはしっかりとケアをしましょう!

歪みがあると、その部分だけでなく、全身に循環障害がおき、先にあげたような不調を引き起こします。産後2ヵ月から骨盤が固まりはじめる6ヵ月の間にしっかりケアをするとよいでしょう。不調が無くなるだけでなく、姿勢が良くなったり、ぽっこりお腹がへこんだり、たるんだお尻が持ち上がったり、スタイルアップにも効果的です。それにより、気分が明るくなり、育児がさらに楽しくなること間違いなしです。

育児は、プラスのことばかりではありません。もちろん、大変なことも多いです。だからこそ、我慢は禁物。赤ちゃんのためにも、自分のためにも、しっかりケアを行うことを忘れないでください。

なぜ産後の骨盤ケアが必要なの?

妊娠中から産後にかけて、歪みが生じやすくなる骨盤。
妊娠すると分泌されるリラキシンの影響により、骨盤&関節が緩みます。
分娩時には産道を広げスムーズな出産を促しますが、この緩みが歪みを生じる原因でもあるのです。
出産後、ホルモン分泌は次第に落ち着きますが、緩んでしまった骨盤や関節が元の状態に戻るのには、なんと半年以上もかかるとか!

【そのままにしておくと、どうなるの?】

関節が緩んだ状態で放置しておくと、関節の可動範囲が過剰になってしまうことも。
本来の可動範囲以上に動かすことは、関節に痛みが生じる原因にもなります。また、骨盤周辺の血行が悪くなり、その結果、むくみや冷え、腰痛などさまざまなトラブルの原因となってしまうことも考えられます。だからこそ、痛みや気になる症状が出る前に早めにケアすることが大切です。

【体型が崩れてしまう原因にも!?】

「出産後、体重は元に戻ったのに体型がなかなか戻らない…」実は、出産後の体型変化に悩みを抱えている人は多く、まさに「産後あるある」なんです。
骨盤が緩む=開いたままになることで、内臓下垂を促しぽっこりお腹の原因にも。
体重は出産前と変わらないはずなのに、お気に入りのパンツやスカートが履けなくなっていませんか?
だからといって「産後太りだから仕方ない」と諦めることはありません。適切なケアを行うことで、出産前はもちろん、それ以上のスタイルアップも可能です。

妊娠・出産は、非常に大きな人生の一大イベントであり、母体にかかる負担や心身ともにかなりのものでしょう。産後もゆっくりと休む間もなく、育児がスタートです。
赤ちゃんを抱っこしての授乳や沐浴など、骨盤に左右不均等な力が加わる姿勢も多いため、腰痛や凝りが発生しやすくもあります。つい、自分のことは後回しにしがちな時期ですが、ぜひ自分の骨盤をいたわってあげましょう。

産後におこりやすい身体の不調と対処法

産後におこりやすい身体の不調と対処法

出産後のママの身体はひどく疲れ切っているため、しっかりとケアすることが重要です。
産後は日々の生活や赤ちゃんのお世話などに追われ、ついつい自分のことは後回しにしてしまいがちですよね…。
しかし、身体の不調をそのまま放置してしまうと、日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
そこで今回は、産後におこりやすい身体の不調と対処法についてお話ししていきたいと思います。

【産後の身体に起こりやすいトラブルとは?】​

◇立ちくらみや眩暈・動悸
妊娠中に貧血と診断されていたり、出産の際に出血が多かったりすると、産後に貧血になってしまう可能性があります。
貧血には睡眠を心掛けたり、食事を見直すことが効果的です。
育児中は自分の食事は適当に済ませてしまうことも多いかと思いますが、ママの身体のためにも栄養バランスを考えてみましょう!
立ちくらみや眩暈・動悸などの症状がある場合は一度専門医への受診をおすすめします。
また、疲れが長く続く場合も貧血の可能性が考えられます。

◇ひどい腰痛
妊娠中に腰を痛める人は多く、産後にも腰痛に悩まされるケースは少なくありません。
腰痛がひどい場合は専門機関で体をケアしてもらうのが安心です。

◇骨盤の違和感・股関節の痛み
出産により骨盤は大きく開くため産後の骨盤は不安定な状態です。
骨盤ベルトなどで徐々に元の位置に戻していく必要がありますが、なかなか上手くいかない…不調が続くという場合は専門機関への受診がおススメです。

◇産後は心が不安定
産後に多いのが体の不調だけでなく、心の不調です。
気分が沈んだり、突然涙がでたり、やる気がしない…などの精神的な不調に悩まされる人は少なくありません。
産後は人との関わりも少なくなってしまいがちで、日々の育児や睡眠不足に疲れてしまうこともありますよね。
話を聞いてもらうだけでも心の負担は軽くなるものです!
周囲への相談や市のサポート、専門医などに相談して一人で抱え込んでしまわないようにすることが大切です!