産後コラム

産後頻尿、水分はしっかり摂って

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後頻尿、水分はしっかり摂って』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後に頻尿がおこる理由って何?

 

頻尿と聞くと、お年寄りの方がなるイメージがありませんか?

 

実は、この頻尿で困っているのがお年寄りの方だけではなく、若いお母さんでも悩んでいる方がたくさんいるのです!

 

「頻尿」は恥ずかしいし、なかなか人には相談できない、それなのに妊娠中にも多くの妊婦さんを悩ませる困った症状です。

 

そんな妊娠中の頻尿の原因はなんだと思いますか?

 

実は出産によってお母さんの体が受けるダメージが引き金になっているのです!

 

◎原因①骨盤底筋、筋力の低下・衰え

 

骨盤の1番底から子宮・膀胱・直腸などを支えている筋肉の総称を「骨盤底筋」と呼んでいます。

 

骨盤底筋の役割には、尿道などを引き締める働き、つまりある程度トイレを我慢できするのにとても大切なのです。

 

出産時に近づくと、お母さんの体に出産できる体へと変わっていきます。

 

特に出産時は、赤ちゃんが出てきやすいように、産道周辺の関節や靭帯(じんたい)は妊娠直後から少しずつ「リラキシン」というホルモンが出るようになります。

 

この「リラキシン」は骨盤底筋にも作用し、臓器と骨盤底筋を繋ぐ靭帯も緩めることから、尿道を引き締める力が弱まることで、産後の頻尿が引き起こされるのです。

 

「リラキシン」は産後半年ほどでなくなるとされていますが、妊娠中に運動を控えたり、体を動かしたりすることを避けたために筋力が弱まっているお母さんたちは、骨盤底筋の筋力そのものも落ちていることから、産後の頻尿を避けることができないのです。

 

◎原因②筋肉や靭帯の伸びや損傷

「リラキシン」の働きにより筋肉や靭帯の緩みは出産時にピークに達しますが、それでも出産によって引っ張られ、筋肉や靭帯は傷を負ってしまいます。

 

特に3500g以上の大きな赤ちゃんの出産、長時間にわたる難産、経産婦さんの場合などは骨盤底筋や靭帯が負う損傷が大きくなることから、更に尿道を引き締める力が弱まり、頻尿の原因となるのです。

 

体に負ったダメージと同様に、筋肉や靭帯の傷も徐々に回復し、回復に伴って頻尿も改善されていきますが、何十年か先、お母さんが高齢になって筋肉が衰えてきた時に、筋肉や靭帯が傷を負った影響が出てくる可能があるので、要注意が必要です。

 

「頻尿」とはどういう症状なの?

 

皆さんも一度チェックしてみましょう!

 

・トイレの回数が1日に8回以上

 

・夜中でもトイレで目が覚めてしまう

 

当てはまる症状はありましたか?

 

これが「頻尿」と呼ばれる状態です。

 

ビールなどの利尿作用が高い飲み物を飲んだ時に、トイレから帰ってきて間もなくまたトイレに行きたくなるなどという経験はありませんか?

 

頻尿の場合も同じように、トイレに行っても又すぐに行きたくなるような状態なのですが、利尿作用の高い飲み物を大量に飲んだ時は、再びトイレに行くと通常と同じ排尿量がありますが、頻尿の状態では膀胱に正常時と同じ尿の量をためておくことができないので、排尿量が減ることが特徴的です。

 

産後間もないお母さんたちを悩ませる「産後の頻尿」ですが、妊娠・出産の経過によって通常起きやすいことではありので、不安がる必要はありません!

 

しかし、この頻尿で気を付けたいポイントが2点あります。

 

残尿感と排尿するさいに痛みがあるかどうかです。

 

この2点の症状がある場合は、膀胱炎や子宮脱など病気の危険性も考えられるので、すぐに泌尿器科など専門の医療機関に受診する必要があります。

 

産後の頻尿の改善には?

 

産後の頻尿に悩むお母さんから「トイレに行きたくなるから、水分はできるだけ我慢します。」という話をよく聞きますが、それは「絶対にやってはいけない!」NGな行動なのです。

 

頻尿なんだから仕方ないのに…と思われそうですが、出産後のお母さんは赤ちゃんに必要な母乳を1日約800ml前後も作ります。

 

そのためには、毎日普段よりも1リットルより多い水分を摂取する必要があります。

 

それでなくても水分不足になりやすいお母さんが、頻尿をどうにかするために更に水分を我慢したら体はどうなってしまうでしょう?

 

・水分不足から母乳が出にくくなる。

 

・水分不足で尿が作られず、尿によって排出される細菌が膀胱内に溜まり膀胱炎になる。

 

・体の水分不足から肌が荒れる。

 

・血液中の水分不足から脳梗塞などの可能性が高まる

 

・便秘がひどくなることで腸内に溜まった便が膀胱を圧迫・刺激し、更に頻尿が深刻になる。

 

体の水分が不足すると体にはさらに様々な困った症状が現われます。

 

夏は発汗により体の水分がいつも以上に奪われます。

 

辛い頻尿ですがお母さんの体のためには、こまめに十分な水分を摂ることを避けることは絶対にいけません。

 

水分を摂って体に無理のない範囲で「骨盤底筋の筋力を高める」ことが産後の頻尿改善をしていくためには重要です。

 

産後の頻尿自体は骨盤底筋の筋力の低下と損傷による症状で、病気が隠れていない限り、時が経てば自然と改善していくので必要以上に心配しなくても大丈夫です。

 

より早くすっきりと改善するためには、産後1か月が過ぎた頃から、自分の体調と相談しながら無理のない範囲で骨盤底筋を鍛えるストレッチを始めましょう。

 

その他精神的な不安を持つことでより頻尿が悪化してしまうこともあるので「私の体大丈夫かな…」「こんなんじゃ外に出れない…」と必要以上に不安に思わないことが大切です。

 

また、産後の頻尿を改善するには骨盤矯正も有効だと言われているのを知っていますか?

 

開いた骨盤は骨盤底筋の働きを悪くしてしまうので、より頻尿が酷くなってしまうことがあるのですが、骨盤の開きを元に戻すことで症状の改善が期待できます。

 

1人で産後の頻尿に悩んでいるお母さんも少なくありませんが、骨盤が下がることが過活動膀胱を引き起こし頻尿の症状が出ているケースなど、1人1人状態が違っています。

 

産後の頻尿について様々な症例をみてきた専門家に相談することで、早期改善が期待できます。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後の便秘の原因と解消法とは

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の便秘と解消法』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後のつらい便秘について

 

出産という大仕事を終えたお母さんの体には、産前とは違ういろいろな変化が起こります。

 

それがいい変化であればいいのですが、ほとんどの変化が悪い問題であることが多いですよね。

 

そんな問題ある変化は、普通であれば産後半年経過する頃には妊娠前の体の状態にほぼ戻る…と言われていますが、産後の不調がそのまま残ってしまい、長期に渡って「産後の不調」に悩まされる人も少なくありません。

 

妊娠中や出産の症状ばかりが注目されますが、実は出産後も女性の体はとても大変なのです!

 

出産後の症状の中でも意外と多いのが「便秘」です。

 

出産後に慢性的な便秘に陥ってしまう女性は少なくなく、なかなか他人に相談しづらい内容なので、一人で抱え込んでしまう傾向がありますが、もちろん我慢は禁物です!

 

産後の便秘はよくあることですから経験者に相談したり、必要に応じて専門機関に相談することも必要です。

 

産後に便秘になりやすいのはなぜ?

 

ではなぜ、産後のお母さんの体は便秘になりやすいのでしょうか?

 

その理由は、大きくわけて5つ考えられます。

 

①水分が不足している

 

身体の水分が母乳を作るために1800ミリリットルも水分が使われることがあります。

 

いつも以上に水分が1リットルは摂取する必要があるので、あまり水分を摂取しない方は腸の水分が不足してしまい、便秘になってしまうことがあります

 

②出産時にできた傷口への不安感

 

踏ん張ってしまうことで出産の時にできた傷が開いてしまうのでは?という不安から排泄をためらい、結果便秘になることがあります。

 

③疲労とストレス

 

慣れない赤ちゃんのお世話をこなすため、夜寝られない・ゆっくり休めないなど生活が不規則になり、ホルモンバランスが乱れてしまい、腸内環境が悪化して便秘になることがあります。

 

④便意を我慢する

 

赤ちゃんのお世話が忙しく、便意を感じたとしても赤ちゃんが泣いているから…と、我慢し続けて便秘になってしまうことがあります。

 

⑤運動不足

 

育児に悪戦苦闘したり、産後の体を休めるために外出を全く控えている状態では運動量が不足して腸の働きも低下します。

 

実は運動も腸の動きと大きく関係していて、運動量が著しく減る産後は便秘になりやすいのです。

 

これかもしれない、という心当たりがあれば、出来る限り原因となるものを改善し始めると、便秘の症状が緩和されます。

 

と言っても忙しいので時間が取れないという方も多いのではないでしょうか。

 

こういった現実的な問題が、産後の便秘を悪化させてしまうのです。

 

産後の便秘を放置するのはNG

 

便秘が悪化すると、腸内にある便からどんどん水分がなくなり、硬くなってしまいます。

 

無理に出そうとして痔になってしまったり、便が硬くなりすぎて自力で排出できなくなってしまうケースもあります。

 

授乳期でも使用できる薬もありますので、便秘だと感じたら一度担当医に相談してみましょう。

 

また、産後の忙しい生活の中では自分が便秘なのかどうか、いつ便を排出したのかも分からなくなってしまうかたもいるので、便秘気味になったら記録を取っておく後々役に立ちますよ!

 

便秘にも種類がある?

 

便秘の種類は3種類あります。

 

①痙攣性便秘

 

強い便意と、痛みがあり特に辛いと感じる方が多くいます。

 

腹痛の割に排出される便の量は少なく、うさぎのようなコロコロしたフン状のものしか出ず、残便感が残ったり、下痢と便秘を繰り返してしまうこともあります。

 

②弛緩性便秘

 

便意はあるものの、腹部が張って苦しくなってしまう便秘です。

 

慢性的な便秘は弛緩性便秘であることが多く、便があまり硬くないのも特徴です。

 

③直腸性便秘

 

若い女性に増えてきている便秘で、直腸まで便が下りてきているのに便意を感じづらいのが特徴です。

 

便は大きく、コロっとした硬いものが排出されます。

 

いかがでしょうか?

 

どの便秘のタイプでも、長期に渡ることで体に悪影響を与えていることは間違いありません。

 

では、どのように解消すればいいのでしょうか?

 

産後の便秘解消法って?

 

産後の便秘は以下のような方法で改善が期待できます!

 

①水分をしっかりと摂る

 

当たり前ですが、水分はいつも飲む量に加えて1リットルは摂取するようにしてください。

 

産後は頻尿に悩まされている方も多く、トイレに何度も行くのが嫌で水分を摂らない!という方もいるのですが、それでは便秘が悪化してしまうだけです。

 

また、一気に水分を摂取しても体に取りいれられず、すぐに外に排出されてしまうので、少量を時間をかけて摂取するようにしてください。

 

②疲れを取る

 

育児で忙しいのは分かりますが、体調に影響を及ぼしているのであれば、ゆっくり休息を取るのも大切です。

 

特に睡眠不足による疲れが蓄積されると自律神経の乱れが起きてしまい、腸の機能が落ちてしまうこともあります。

 

③便秘解消におすすめの食事をする

 

便秘には食物繊維がいい!と聞いたことがあると思いますが、水溶性と不溶性の2つに分けられます。

 

便秘解消にはこの両方をバランスよく摂取する必要があります。

 

不要性食物繊維は主に

 

・切り干し大根

・パセリ

・ごぼう

・乾燥きくらげ

・干し柿

 

水溶性食物繊維は主に

 

・リンゴ

・昆布

・わかめ

・大豆

 

などに多く含まれています。もちろん水溶性食物繊維を摂取することも大切ですが、便秘であれば不溶性食物繊維に注目して摂取してみましょう。

 

④どうしても改善しないなら薬に頼る

 

先生と相談して、なかなか便秘が治らないのであれば薬に頼るのも悪いことではありません。

 

もちろん、先生の許可なく勝手に飲むのではなく、専門機関で処方してもらった薬を飲むようにしましょう。

 

⑤骨盤矯正をする

 

産後の体は骨盤が開いて、なおかつ安定していない状態にあります。

 

骨盤が開いてしまうと、その分腸が下に落ちてきてしまいます。

 

本来あった位置より下に落ちてしまうことで、腸の機能が下がってしまい結果便秘になってしまうことがあります。

 

ただし、産後の骨盤は安定がまだしていないので、正しい骨盤矯正をすることで高い改善が期待できます。

 

専門機関で相談して許可をもらえる時期になったら、骨盤矯正を試してみるのもおすすめです♪

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後の肩こり、夏の冷えに注意

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の肩こり、夏の冷えに注意』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後肩こりを引き起こす骨盤の歪み

 

出産後、お仕事に復帰されたお母さんはなおさらのこと、赤ちゃんを育てるお母さんの毎日はとにかく忙しいものです。

赤ちゃんの抱っこやおむつ替えなどで体に負担のかかる無理な姿勢を長時間続ける、夜間の授乳による睡眠不足、どんどんたまってくる育児による疲労感、自分の時間が取れないことからの運動不足やストレスの蓄積。

 

こうした毎日に産後女性に特有の「骨盤の歪み」が加わると、お母さんの体には様々な体調不良の波が押し寄せます。

 

その1つが「産後の肩こり」。

 

妊娠後期から末期にかけて分泌が増える女性ホルモン「リラキシン」は、産道周辺の関節や靭帯(じんたい)をゆるませ、柔らかくするので、その作用により赤ちゃんがスムーズに出てこられるようになります。

 

骨盤の靭帯や関節がゆるむ時期に、妊娠中の後期ではお腹はどんどん大きく重くなるので、その負担からやわらかくなっている骨盤が歪んでしまうことは少なくありません。

 

「リラキシン」の関節や靭帯 をゆるませる働きは産後半年ほど続くので、子育てで大変な毎日を過ごす中では、骨盤を意識するのが難しく少しずつの積み重ねで骨盤の歪みはどんどん進んでしまい、歪んでしまった骨盤の位置で固定されて、元の正常状態に戻らなくなってしまうのです。

  

骨盤が歪むと体のバランスが悪くなり、むくみ、冷え性 、便秘、自律神経の乱れ、女性ホルモンの乱れなどの症状が現れますが、血行不良による肩こりも骨盤の歪みが原因の辛い症状です。

 

血液の流れ(血行)が悪くなると筋肉が硬くなり、肩のこり、首のこりのように筋肉の痛みになって現われてきます。

 

血液の流れを悪くする「体の冷え」は肩こりの大敵なのですが、気温が高いこの夏にこそ、体を冷やす様々な要因が潜んでいるのです。

 

血行不良を引き起こす「夏の冷え」に注意!

 

女性は男性に比べ体温の4割をつくりだすと言われる筋肉量が少ないため、もともと「冷え症」は女性に多い症状です。

 

妊娠中、筋肉がつくような激しい運動を控えたり、出産後の忙しさから運動不足になっている女性はさらに筋肉量が落ちているので、冷えを感じやすくなっています。

 

◎冷房による「夏の冷え」

 

自宅、オフィス、通勤中の電車、車の中、スーパー、コンビニなど、夏の間はどこに行っても冷房で気持ちよく冷えています。

 

暑い外から冷房のよく効いた場所に入ると、とても心地いいのですが、その心地いい場所も長時間いるとその室温が苦痛になってくる場合があります。

寒さを感じた体は体温を維持するために血管を収縮させるので、血行が悪くなり体の端にある手足に血液が十分に行き届かなくなることから手足が冷えていくのです。

 

また、気温の高い室外から冷房の効いた場所に入ると、「あー涼しくて気持ちがいい」と感じますが、実は体自体はその温度差に上手く対応できないことがあり、自律神経が乱されることから血行が悪くなり、やはり手足から冷えが体中に拡がっていくことがあるのです。

 

◎食べ物による「夏の冷え」

 

夏に美味しいよく冷えたそうめん、かき氷、アイスクリーム、暑い夜にはよく冷えた生ビール。

 

夏に旬を迎えるよく食べる野菜や果物、きゅうり、トマト、ナス、スイカなどにも体の熱を冷やす働きがあることをご存知でしょうか?

 

夏に美味しい食べ物は、体を内側から冷やしてしまうものが多くあります。

 

また夏はどうしても水分をたくさん摂るようになりますが、成人が1日に必要な水分量とされる1.21.5ℓを上回り、上手く排出ができなかった水分は体内に残り、その水分が体を冷やしてしまうのです。

 

夏の冷えから体を守って、産後の肩こりを軽くしよう

 

◎筋肉量を増やして冷え防止

 

筋肉量が増えることで、体内でたくさんの熱を作ることができるようになるので「冷え症」の根本的な改善になります。

 

筋肉の70%が下半身に集中しているのでスクワットなどで太ももやお尻などを意識的に動かすことは効果的ですが、エスカレーターをやめて階段を使う、いつもより少しだけ離れたスーパーまで歩いてみる、洗物をしながらつま先立ちをしてみるなど、日常生活の中でできることを少しずつ取り入れて毎日続けていくことが確実な筋肉量の増加につながります。

 

◎湯船につかって冷え防止

 

子育ての間はゆっくりと湯船につかっている時間など取れないというお母さんがほとんどだと思います。

 

しかし週1度だけでも家族にご協力頂いて、ゆったりとくつろげる時間を設けることは

体が温まるだけなく、心身がリラックスでき、筋肉の緊張がほぐれ血行が良くなると産後の肩こりも和らぎます。

 

就寝1時間程前の入浴は、温まった体が冷めていくタイミングで眠ることができ眠りの質がアップします。

 

しっかりと眠ることで体の疲れをしっかりと取ることができ、筋肉の緊張がほぐれて肩こりを和らげることが可能です。

 

◎ファッションでの冷え防止

 

気温が高くなる日ほど、冷房で冷やされた室内との温度差が大きくなります。

 

暑い日こそ、外出にはカーディガンやストール、レッグウォーマーを持ち歩き、冷えが入り込みやすいとされる首、手首、足首を守りましょう。

 

また肘(ひじ)の冷えは肩こりや首回りのこりを引き起こすと言われています。

 

肘の冷えが気になる場合は、七分袖や長袖の衣類を着ることも気になる産後肩こりを軽くすることにつながります。

 

◎体を温める食べ物で冷え防止

 

冷たいものが美味しい季節ですが、常温または温かいものを食べるように心がけることが産後肩こりの解消のためには大切です。

 

体を温める食材として、りんご、さくらんぼ、ごぼう、にんじん、れんこん、ショウガ、漬物、チーズ、タラコ、ちりめんじゃこ、鮭、カニ、卵、赤身の肉や魚、黒豆などがあげられます。

 

冷たいそうめんは冷たいざるそばにする、冷奴に薬味としてショウガ・ねぎをのせるなど、工夫次第で夏の冷たいお料理も体を冷やさずに食べることができるのです。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

長引く産後恥骨痛、その原因は?

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『長引く産後恥骨痛、その原因は?』について書いていきたいと思います(^O^)

 

改善しない産後の恥骨痛、原因は「骨盤の歪み」だった!

 

痛みがひどく歩くのさえ辛い

 

痛みが辛くて赤ちゃんを抱っこできない

 

咳やくしゃみが出るとしばらく声が出せないほどの痛みが走る

 

立ちあがったり、座ったりという動作が痛みで素早くできない

 

買い物に出かけても、荷物を持ち上げることが怖い

 

産後間もないお母さんの多くが「恥骨痛」に関する様々な悩みを抱えていらっしゃいます。

 

「恥骨痛」を引き起こす原因は、妊娠直後から分泌が始まる「リラキシン」というホルモンの働きです。

 

「リラキシン」には出産をスムーズにするために産道付近をゆるめる働きがあります。

 

とくに、恥骨部分の「恥骨結合部」という部分もゆるめます。

 

恥骨結合部や骨盤が開いてもしばらくしすれば元にもどるのですが、それまでの間が骨盤が不安定になり、恥骨にかかる負担が大きくなると、恥骨には痛みが生じてしまいます。

 

「リラキシン」の分泌は出産が近づく妊娠後期に最大になり、出産後2日から3日で止まって、関節や靭帯の緩みやすい状態も産後半年程度をかけて少しずつ元の状態に戻っていきます。

 

関節や靭帯の状態が妊娠前の状態に戻るのと同時に、「恥骨痛」についても産後1カ月を過ぎる頃から徐々に消えていくのが一般的です。

 

産後半年を経過するにも関わらず「恥骨痛」が続く場合は、隠れた本当の原因を探す必要があります。

 

長引く「恥骨痛」を引き起こしている原因の多くが「骨盤の歪み」なのです。

 

妊娠直後から分泌されるホルモン「リラキシン」が出産時だけに作用すれば全く問題はないのですが、実際には分泌が始まる妊娠初期から産後半年後までの間はお母さんの体に影響を及ぼし続けます。

 

「リラキシン」の働きで関節や靭帯が緩んでいる間に、

 

・椅子に座るときにどちらか一方の足ばかりを組んでいる。

 

・赤ちゃんの授乳の時にいつも胡坐をかいてしまう。

 

・荷物を持つときにどちらか片方の腕や肩ばかりで持ってしまう。

 

・お姉さん座り(横座り)がくせになっている。

 

・気が付くと、体のどちらか一方にだけ体重をかけるような姿勢で立っている。

 

などというような体に悪い姿勢をとっていると、「リラキシン」の影響で、不安定な骨盤は簡単に歪んでしまうのです。

 

歪んだ骨盤をそのまま放置すると、「リラキシン」の影響がなくなった体に歪んだままの形でしっかりと固定されてしまうのです。

 

その「骨盤の歪み」が「恥骨痛」の原因となります。

 

下腹部をチクチクと刺すような痛みからおもりを付けられたようにドーンと重く感じる痛み、歩いているうちに段々とひどくなる痛みがある。

 

また、夜寝ているうちに痛みが強くなり、朝起き上がることができないなどの症状が産後1月以上経過した後も続くようであれば、安易な自己判断をせずに、すぐに医療機関での受診が必要です。

 

「恥骨痛」は妊娠中から痛みを感じる人もあれば、産後数週間が経過してから急に痛み出すケースもあります。

 

また、初めての出産よりも、2回目、3回目の出産時の方が体への負担が大きく、恥骨痛が出やすいと言われています。

 

恥骨痛をやわらげるために

 

恥骨痛は妊娠中や産後女性の特有の症状です。 しっかりと適切なケアをすることで症状は必ず改善し、痛みに恐れることなく赤ちゃんを思いっきり抱っこしてあげることができますよ。

 

◎骨盤ベルトをつける

 

骨盤を正しい向き、正しい位置へと少しずつ戻していく効果がある骨盤ベルトを装着して恥骨周辺を締め固定すると、痛みが軽減され、体も動かしやすくなります。

 

◎とにかく無理をせず、安静にする

 

産後1ヶ月間程度は特に無理をしないことが産後の恥骨痛の対処法としてとても大切です。

 

出産後体力や体調が回復する期間に、妊娠前と同じように仕事に復帰をしたリ、家事をしたりすると、歪んだ骨盤に更に負担をかけます。

 

2人目、3人目の出産の場合、ゆっくり休んでいられないという頑張るお母さんがたくさんいらっしゃいますが、頑張りすぎは恥骨痛を悪化させてしまいます。 産褥期と呼ばれる産後1か月までの間は特に安静を心がけることが大切です。

 

◎正しい姿勢を心がける

 

どんな時でも、背筋を伸ばして骨盤を立たせるイメージを持つと姿勢がよくなり、骨盤の歪みも少しずつ取れていくと言われています。

 

妊娠中、大きなお腹を支えるために、「反り腰」といってお腹を突き出したような姿勢になっている女性が少なくありません。

 

反り腰は腰痛の原因にもなりやすいので、注意が必要です。

 

反り腰の他にも、横座り、どちらか一方の足だけを組む、立った姿勢で長時間抱っこをする、胡坐や足を開いた状態での授乳は骨盤をゆがませ、恥骨痛の悪化につながるので気を付けましょう。

 

◎適度な運動を心がける

 

産後ヨガや骨盤矯正体操は歪んだ骨盤を元の位置に戻す効果があります。 恥骨痛の痛みがひどい時は無理をしないように注意しながら、少しずつ体を動かすことも大切です。 ◎睡眠は「仰向け寝・うつぶせ寝」がおすすすめ

体のどちらか一方に負担がかかる横向きの姿勢で寝ることは恥骨痛にも骨盤の歪みにもよくありません。

 

仰向け寝・うつぶせ寝がおすすめですが、仰向けの姿勢は反り腰の状態となって腰周りの筋肉に負荷をかけてしまう恐れがあります。

 

産後腰痛をお持ちの方などは、膝の下にクッションを入れて軽く膝を立てた状にすると、腰に負担がかからず楽な姿勢を摂ることができます。

 

帝王切開の場合には傷口に負担がかかるので、うつぶせ寝は避けましょう。

 

添い寝などでやむを得ず横向きの姿勢をとる場合には、両ひざをそろえて横向きになると

恥骨痛がやわらぎます。

 

定期的な骨盤矯正で、骨盤の歪みを解消

 

骨盤矯正について数多くの症例を診ている専門家の診断を受けると、自分の体調や骨盤の状態に適した骨盤矯正を受けることができます。

 

産後恥骨痛の原因になっている骨盤の歪みは、プロの手に任せることで、安全で確実に元の状態に近づき、恥骨痛も解消されていきます。

 

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

無理は禁物!産褥期の過ごし方

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産褥期の過ごし方と注意点』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産褥期っていつのこと?

 

産褥期という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

出産によってダメージを受けた体が普通の生活ができる程度まで回復するまでの時期を言います。

 

昔は、「産後一ヶ月間はできるだけ安静にして寝たきりで過ごすべき」と言われていたこともあり、それだけこの産褥期は体の回復に専念しなければいけない時期だという事です。

 

この時期は体はもちろん精神的にも非常に繊細で疲れが溜まっている時なので、体を大切にすることが最も大切です。

 

ここで無理をして「今まで通りの家事をしなければいけない。」「頑張って子育てをしよう。」と張り切って動き回るのは禁物です。

 

産褥期は、全身がボロボロになっているので無理をすると命に関わるような重大な症状が現れることもあるという事を頭に入れておきましょう。

 

産褥期はこんな状態!

 

出産によって母体には大きな変化が起こります。

 

それまで骨盤の中には赤ちゃんが入っていて赤ちゃんの成長に合わせて大きく広がり、出産のときに最大限まで開きます。

 

そのため出産を終えた骨盤はグラグラになり、非常に不安定な状態です。

 

骨盤の広がりは時間の経過に合わせて少しずつ元に戻っていきますが、産後1カ月程までは安定しません。

 

この期間に立ちっぱなしや動き回っていると、内臓が広がった骨盤の中に落ちてきてしまいます。

 

すると、骨盤は出産前の状態まで締まることができなくなり、広がったままになって腰痛や尿漏れの原因になる恐れがあります。

 

見た目的にもお尻が大きく下半身が太っているように見えるといった問題が発生します。

 

骨盤だけでなく、出産後は子宮も大きなダメージを受けており産後3週間~1カ月半程度は悪露と言って出血やおりものなどの症状が残ります。

 

また、出産時の会陰切開の傷や帝王切開の場合はその傷の痛みなどがしばらく残り、日常生活を送るのもとても大変です。

 

産褥期に日常生活を普通に送ろうとしてしまうと、これらの症状が悪化して傷口の炎症や他の病気の原因となる事もあるので注意しなければいけません。

 

 

産褥期の日常生活について

 

産褥期の日常生活では、家事や仕事のことはいったん忘れて自分の体のケアと最低限の育児に専念しましょう。

 

育児に関しても全てを自分でやろうと思うのではなく、できるだけ周囲の人の手を借りて行ってください。

 

産褥期の間は、ベッドの上で出来る授乳やおむつ替えくらいのお世話で十分です。

 

後は可能な限り体を横にして過ごし、眠れる時間があれば眠るようにします。

 

ただし、寝たきりになると筋力が衰えたり血栓ができることがあるので、時々体を起こしてみましょう。

 

暇に感じてしまうかもしれませんが、産褥期は全ての機能が弱っているのでパソコンやスマートフォンの画面を見る時間も減らすようにしましょう。

 

1か月程度このように過ごしていると、少しずつ体が楽に動くようになるのを感じるようになります。

 

食事をきちんととることも体の回復を促すために必要なことですが、産褥期はキッチンに立つ時間も極力なくした方が良いです。

 

出前を取ったり、家族に作り置きをしておいてもらうなどのサポートが必要になります。

 

 

産褥期にやってはいけないこと

 

●外出

赤ちゃんが産まれると、いろんな人に赤ちゃんを見せようと外出してしまうお母さんも少なくありません。

 

しかし、外出すると当然体は疲れますし、ストレスも感じます。

 

外に出たいという気持ちもあるかもしれませんが、しばらくは必要最低限の外出に留めた方が良いです。

 

悪露が続いていると、貧血のリスクも高く外出中に倒れてしまう可能性もあり、たいへん危険です。

 

●食事を抜く

 

産褥期は体がだるいので、食事を摂るのもおっくうになりついつい食事を抜いてしまう事があります。

 

赤ちゃんのお世話だけでも疲れてしまって、食事の準備もしたくなくなりますよね。

 

しかし、産褥期は特に体力と免疫力が落ちているので食事で栄養を摂ることがとても大切です。

 

授乳をしているお母さんは、母乳を通して赤ちゃんに栄養を取られているのでさらに栄養が必要です。

 

骨を丈夫にするカルシウム、貧血を防ぐ鉄分、筋肉や血管・肌のハリを保つたんぱく質は一日の食事のどこかに取り入れることをおすすめします。

 

●不潔にする

 

産褥期は体を清潔を保つことも大切です。

 

ただし、免疫力が落ちて細菌感染のリスクが上昇しているため、湯船に浸かるのは避けてください。

 

入浴を再開して良いかどうかは、一ヶ月健診の際に医師からOKをもらって判断しましょう。

 

産褥期は精神的にも不安定になりやすい

 

出産後は、環境や自分の体調が大きく変わり精神的にも非常にナイーブになる時期です。

 

女性ホルモンの急激な増減も精神に大きな影響を与える理由のひとつです。

 

他人のちょっとした一言で深く傷ついてしまったり、何の理由もなく気持ちが沈んでしまうといった症状が起こります。

 

また、子育ては楽しいこともたくさんありますが一日中赤ちゃんの泣き声を聞いて、抱っこや授乳、おむつ替えなければいけないのでとても大変なのです。

 

我慢しているうちにどんどん精神的な落ち込みがひどくなり、子供に愛情を感じなくなったり他人や物に当たったりというような行動に出ることがあります。

 

最悪の場合、産後うつになってその状態から立ち直れなくなってしまう恐れもあります。

 

産褥期の精神的な落ち込みを防ぐためには、周囲のサポートが必要不可欠です。

 

しっかりもののお母さん程何でも一人で完ぺきにこなそうとしてしまいがちですが、子育ては母親だけの仕事ではありありません。

 

夫はもちろん、母親や兄弟、親戚、友人など頼れる人はどんどん頼って手伝ってもらいましょう。

 

現在は、民間のサービスで子育てを支援してくれるところもあるのでどうしても周囲の手助けが借りられない時はそれらのサービスを利用するという方法もあります。

 

また、電話で子育ての相談に乗ってくれる相談窓口が各自治体で設置されているため、それらを活用するのもおすすめです。

 

産褥期は、身体的にも精神的にも辛い時期ですが周りの助けを借りながら乗り越えることができれば、その後は元気に子育てに取り組むことができます。

 

産後に無理をしてお母さんの体に何かあったら一番困るのは赤ちゃんですよね。

 

赤ちゃんとの幸せな毎日のためにも産褥期には安静に過ごし、出産で疲れた体を回復させてあげてください。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

危険!産後に抜け毛が増える原因

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『危険!産後に抜け毛が増える原因』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後に抜け毛が増える?

 

出産を終えてしばらくは、体が思うように動かなかったりバタバタと忙しく過ごしますよね。

 

生活が落ち着いて自分の体に目を向ける余裕が出てくると、抜け毛がやたら増えたことに気付く女性が多いです。

 

髪の毛をくしでとかした時に大量の髪の毛がくしに絡みついていたり、お風呂でシャンプーをした時にごっそりと髪の毛が落ちていたり…といった状況を見て不安やショックを受ける人がたくさんいるのです。

 

産後に抜け毛が増えるのは決して珍しいことではなく、多くの出産を経験した女性が通る道です。

 

出産はそれだけ大きな変化を女性の体にもたらすという事ですね。

 

出産による過度な抜け毛は、産後の体の回復とともに徐々に治まっていくのが通常なので、過度に心配しなくても大丈夫です。

 

出産から、1年を経過しても抜け毛が一向に改善しない…という場合は、別の病気が考えられるので一度医療機関で相談してみましょう。

 

産後に抜け毛がどうして増加するの?

 

出産が終わったあとに抜け毛が急増するのは、妊娠出産による女性ホルモンの変化が大きく関わっています。

 

髪の毛の量や質は女性ホルモンによる影響が大きく、女性ホルモンが活発な時は髪の毛もたくさん生えて艶のある美しい髪の毛を維持することができます。

 

しかし、何らかの理由で女性ホルモンが急激に減少したり、加齢とともに分泌量が減って来ると髪の毛の生えるスピードが落ちる、抜け毛が増えるといった現象が起こります。

 

女性の体は、妊娠すると赤ちゃんを産むための体へと変化するために必要な女性ホルモンをたくさん分泌します。

 

妊娠~出産までの期間で女性ホルモンがどんどん増えていき、出産時にピークを迎えます。

 

そのため、妊娠中に髪の毛の量が増えたり体毛が濃くなる女性も少なくありません。

 

そして、出産が終わると同時に女性ホルモンが一気に減少してしまうため、その影響を受けて抜け毛が増えるのです。

 

産後の抜け毛が気になり始めるのは、出産から13カ月経過したころです。

 

それに加えて出産による疲れ、ハードな子育てによる睡眠不足や栄養素の不足、環境の変化などによるストレスが女性ホルモンや自律神経に悪影響を及ぼし、抜け毛をさらに深刻化させてしまう恐れがあります。

 

 

産後の抜け毛は治るの?

 

産後の抜け毛は、妊娠出産に伴う女性ホルモンの変化と生活環境の変化によって起こります。

 

体の内側の変化は出産が終わり時間の経過とともに徐々に元に戻っていきます。

 

女性ホルモンが減ってしまったことが「抜け毛」の原因となってしまった場合、体が出産前の状態まで戻り女性ホルモンの分泌量も安定するためには産後半年~1年程度の時間を要するので、その程度の期間を目安抜け毛も落ち着くケースが多いです。

 

一方で生活の変化には本人だけでなく周囲の協力も必要不可欠です。

 

睡眠や栄養が十分に摂れない程の状態が続くのであれば、夫や家族、友人など頼れる人にできるだけ頼り、生活を安定させましょう。

 

女性は出産をしてお母さんになると、「私が赤ちゃんを守らなくちゃ!」「頑張って子育てしなければ!」と意気込んでしまい、自分1人で何とかしようとしてしまいがちです。

 

すると、ストレスも蓄積しやすくなり抜け毛をはじめとする体調不良も発生してますますストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

産後の抜け毛を防ぐ方法

 

産後の抜け毛は、体が回復し出産前の状態まで戻ることによって改善していく可能性が高いです。

 

しかしながら、その間何の予防もしないでいると髪の毛の量が減ったままになってしまったり、白髪が増える、パサつきなどといった髪のトラブルが残る事もあります。

 

産後の抜け毛を予防・解消するためには以下のような方法があります。

 

◎栄養バランスが取れた食事

 

産後は、育児中心の生活になり食事時間が不規則になったり十分な栄養のある食事を摂れないなどの問題が起こりやすいです。

 

特に、授乳をしていると栄養不足になりがちなので栄養バランスのとれた食事を意識することが大切です。

 

栄養が足りていないと、髪の毛や頭皮への栄養も足りなくなります。

 

炭水化物やタンパク質はもちろん、脂質・ビタミン・無機質などをまんべんなく食べれるような食事内容にしましょう。

 

とくに海藻類は健康な髪の毛を作るために重要なミネラルを多く含んでいるため積極的に取り入れるのがおすすめです。

 

どうしても栄養が不足している場合には、サプリメントなどで補助してあげるのも効果的です。

 

◎睡眠をとる

 

出産が終わっても、赤ちゃんの夜泣きや授乳で十分な睡眠時間を確保できないという事も多いです。

 

睡眠不足になる事で、日々の疲れを回復することができず髪の毛を育てるホルモンも減少してしまいます。

 

さらに、睡眠が不十分だとストレスが蓄積し子育てにも悪影響が出ます。

 

夫や家族と交代で赤ちゃんを見るなどの工夫をして、最低でも一日6時間以上の睡眠をとるように心がけましょう。

 

◎ストレスを解消する

 

ストレスはホルモンバランスの乱れに繋がり、髪の毛の発育を妨げ、抜け毛がひどくなる原因となります。

 

産後しばらくは子育てにかかりっきりになりお母さんが多いですが、外出の機会や友人と話す時間が減少すると少しずつストレスが蓄積していきます。

 

体操やストレッチは家の中でも簡単に出来て、リフレッシュ効果が期待できます。

 

自分に合ったストレス解消法を見つけて、ストレスを溜めすぎない生活を送るようにしてください。

 

◎育毛効果のあるグッズを使う

 

最近では、女性向けの育毛シャンプーやトニックなどが発売されています。

 

育毛に効果的な成分が配合されているので、効率よく髪を増やすことができ、髪に優しい成分の商品が多いため健康で丈夫な髪を生やすことができます。

 

抜け毛が激しいと、見た目にも老けて見えるようになりますよね。

 

外見にマイナスの変化が起こるのは女性にとって深刻な問題です。

 

産後の抜け毛はある程度の期間が経過すれば落ち着いてくるものですが、自分にできる対策をしてできるだけキレイな髪を保ちたいですね。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

産後にひどくなる頭痛について

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後にひどくなる頭痛について』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後の頭痛について

 

出産後にはいろいろな症状が現れるものですが、もともとあった持病が重くなったり、産前には何の症状も無かったのに出産後に急に慢性的な痛みや違和感に悩まされることがあります。

 

その中でも産後の女性に多い症状のひとつが「頭痛」です。

 

出産前から頭痛持ちだった人はその痛みが悪化する、頭痛の頻度が多くなるといった症状が出ます。

 

出産前に「頭痛になったことは一度もない。」という人は、産後急に頭に違和感や痛みが出現して苦痛に感じることも多いようです。

 

産後に頭痛がひどくなると、家事や子育て、仕事もままならなくなり生活に支障を来します。

 

頭痛はどの部分がどのように痛いのかによって対処法が違います。

 

間違った治療や対処をすると、かえって頭痛を悪化させる恐れもあるため、頭痛が気になる場合は専門医に相談してみましょう。

 

二種類の頭痛

 

頭痛には以下の二種類があります。

 

〇緊張型頭痛

 

頭全体が太い紐でギリギリと締め付けられているような痛みが特徴的なのが「緊張型頭痛」です。

 

緊張型頭痛は、いろいろな身体へのストレスが重なって起こりますが、特に肩や首への過剰な負荷が血流悪化に繋がりそれによって筋肉が緊張して痛みが発生します。

 

次の項目にあてはまる場合は「緊張型頭痛」の可能性が高いと言えるので、注意しましょう。

 

・頭全体が締め付けられるように痛い

 

・時間に関係なく痛みが続く

 

・肩こりや首コリがある

 

・頭の重さやクラっと立ちくらみを感じる

 

・お風呂に入ると症状が軽くなる

 

・我慢することができる(仕事や家事は可能)

 

・体全体が疲れてくると症状が重くなる

 

産後に緊張型頭痛を発症する女性は多いですが、その理由は産後の生活習慣の変化にあります。

 

子育ては子供を産んだその瞬間からスタートするため、お母さんに休む時間はありません。

 

毎日のように子供を抱っこして、家事をして、おむつを替えて…といった生活をしていると筋肉疲労がどんどん溜まっていき、血流も悪くなります。

 

環境が変わったことによるストレスも、体を緊張させて緊張型頭痛の悪化に繋がります。

 

〇偏頭痛

 

片頭痛は、血管が膨張しその血管が周囲の神経を刺激することに起こる、こめかみがズキズキと脈打つように痛む頭痛です。

 

片頭痛には以下に挙げるような特徴があるため、当てはまる人は片頭痛の症状が出ている可能性があります。

 

・こめかみの左右どちらかが脈打つように痛む

 

・気持ち悪さや吐き気があり、ひどい時には嘔吐する

 

・光や大きな音を聞くと痛みがひどくなる

 

・体を動かすと痛みが強くなる

 

・我慢できないほどの強い痛み

 

・じっとしているほうが痛みは和らぐ

 

これらの症状に加えて頭痛が始まる前兆として目の前がチカチカと点滅するような光を感じることがあり、これを「閃輝暗点」といいます。

 

閃輝暗点は片頭痛の特徴的な症状のひとつなので、医療機関での診断の際に閃輝暗点の有無を聞かれることがあります。

 

片頭痛はホルモンの影響を受けて症状がひどくなることが多いので、妊娠出産における女性ホルモンの増減が片頭痛の発症を誘発する可能性はあります。

 

出産前後は女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の増減が、片頭痛を引き起こす大きな原因のひとつになり得るのです。

 

出産の影響による頭痛

 

◆骨盤の歪み

 

女性は、妊娠することで女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

 

その中でもリラキシンは出産に大切なホルモンです。

 

赤ちゃんの成長に合わせて骨盤が徐々に開き、出産時にマックスまで大きくなって産後は徐々に元の状態に戻っていきます。

 

しかし、この戻っている時の骨盤はゆるゆるになっているので、簡単に歪んでしまいます。

 

産後の骨盤の歪みが背骨や肩の歪みに繋がり、そこから血流が悪化していくために頭痛が起こることは少なくありません。

 

骨盤の歪みによる頭痛は、歪みを整えることで改善することができます。

 

◆女性ホルモンの増減

 

女性は片頭痛持ちの人が多いと言われており、特に生理前から生理中に片頭痛が現れがちです。

 

これは、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が影響しています。

 

生理前や生理13日目はエストロゲンがぐっと減るため片頭痛が発生しやすいのです。

 

そして、出産が終わるとそれまで出産のために急激に増えていた女性ホルモンが一気に減少します。

 

このホルモン量の急な変化が重い片頭痛を起こす引き金となるのです。

 

産後の片頭痛の対処法

 

片頭痛が起こった時は、とにかく安静にして暗く静かな場所で体を休めることが大切です。

 

体をリラックスさせようとお風呂に入ってしまう人がいますが、片頭痛の場合は血管が拡張してるため入浴は余計に血管を広げてしまう恐れがあります。

 

逆に、患部を冷やすことで血管が収縮し、痛みを抑える効果が見られることがあります。

 

また、チョコレートやチーズ、ハムなどは片頭痛の誘因因子になり得ると言われているので、片頭痛の危険性がある時は摂取を控えましょう。

 

さらに、片頭痛は睡眠と大きく関係していると言われており睡眠時間が不規則になると偏頭痛が発生しやすいというデータもあります。

 

休みの日に寝だめをしたり、徹夜をするのは避け、できるだけ睡眠時間を一定に保つことで片頭痛を予防できます。

 

痛み止めを飲むと症状が楽になりますが、授乳中は痛み止めの種類によっては服用ができないので、一度医師に相談してみましょう。

 

産後の緊張型頭痛の改善方法

 

緊張型頭痛は、全身の血流が悪くなり筋肉が硬くなることで起こります。

 

同じ姿勢を何時間も続けたり、重い物を持つ人、冷えやすい人、ストレスが多い人がなりやすい頭痛です。

 

このような頭痛を改善するためには、血流を良くして筋肉をほぐしてあげましょう。

 

片頭痛の対処法では避けた方が良い入浴ですが、緊張型頭痛の場合は筋肉の緊張を緩める効果があるので入浴はおススメです。

 

できれば毎日、首までしっかりと湯船に浸かりたいところですが、それが難しい人は蒸しタオルを首周りに置くのも血流の改善に効果的です。

 

運動不足による筋肉の硬化も緊張型頭痛の原因となるため、運動やストレッチを一日一回どこかで取り入れると良いですね。

 

その他、マッサージで血流を促すという方法もあります。

 

産後の女性は体も環境も大きく変化し、その変化に対応するのは想像以上に大変です。

 

長期的に続く頭痛は、命に関わるような重大な病気の可能性もあるので専門機関を受診してください。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

周囲に迷惑も!産後ハイに注意!

 

 

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『周囲に迷惑も!産後ハイに注意!』について書いていきたいと思います(^O^)

 

そのハイテンション…産後ハイかも!

 

子どもを産むと女性の体には大きな変化が起こりますが、体の症状だけでなく精神的な面でも出産前とは違う状態になる事があります。

 

出産後にやたらテンションが高くなっている人を見かけたことはありませんか?

 

「子供を産むという大仕事をしたんだから喜ぶのは当然じゃない?」「テンションが高くて明るいんだから暗いよりは良いでしょう。」という意見もありますよね。

 

もちろん、子供が生まれるのはとても喜ばしいことですし、出産は人生で最大の幸せを感じられるイベントとも言われているのでテンションが高くなるのも当たり前かもしれません。

 

しかし、そのハイテンションが長く続いたり、異常なほど高いテンションだと周囲の人に迷惑がかかることもありますし、何よりも産後の体に大きな負担がかかります。

 

こんな症状があったら産後ハイかも!

 

産後ハイは、テンションが高く元気という点以外に目立った問題点が見つからないため、周囲も本人も産後ハイになっていることに気付かないことが多々あります。

 

次の項目にあてはまるものがあれば、産後うつになっている可能性が高いです。

 

◆子供を産んだ喜びを誰にでも話す

 

出産が喜ばしい出来事なのは確かですが、その喜びを爆発させて友人や知り合いに話し続けるのは周囲に不快感を与えることになり兼ねません。

 

聞かれれば話せばよいですが、冷静さを失わないようにしましょう。

 

◆出産の苦労や子育ての大変さをしつこいくらいに話す

 

出産の苦しみ・痛み、子育ての悩みなどを誰かに話すのはストレス発散のためにも必要です。

 

ただし、会うたびにそのような話ばかりをしていると自慢しているようにも聞こえてしまい、聞いている方もうんざりしてしまうので注意してください。

 

◆眠れないもしくは眠りが浅い

 

産後ハイの大きな特徴として、体の興奮状態がおさまらず不眠状態になるケースが多いです。

 

また、赤ちゃんの将来や子育てについて悶々と悩んでしまい眠りが浅くなってしまいます。

 

このような状態が続くと、子育てはもちろん普段の生活もままならなくなる恐れがあります。

 

◆子供の名前をキラキラネームにする

 

子どもの一生を左右することになるかもしれない名づけですが、産後ハイでテンションが高く冷静な判断ができない時に名前を付けると、後から「あれ?」と思うような名前を付けてしまう恐れがあります。

 

◆じっとしていることができない

 

産後すぐに家事を頑張ったり、赤ちゃんを連れて出かけたりアクティブに動き回ってしまう人がいます。

 

出産後は体が疲れ果てているはずなので、しっかり休ませなければ回復が遅れてその後の体調不良に繋がります。

 

じっとしていることができなかったり、周りから「休みなさい」と指摘されたら産後ハイになっている可能性を考えましょう。

 

◆他人に子供を産むことを周囲に勧める

 

自分の経験を語り、未婚の人や子供がいない人に子供を産むことを勧めるのはいけません。

 

世の中には、子どもが欲しくてもできない人もたくさんいるので、その人を傷つけてしまう事があります。

 

産後ハイの間にこのような行動を繰り返し、気が付いたら周りの友達がみんな離れていたという事もあるのです。

 

 

産後ハイになるのはどうして?

 

産後ハイになる理由は大きく分けて「ホルモンバランスの変化」と「妊娠出産による体の変化」「睡眠不足や育児の疲労」の3つです。

 

まず、「ホルモンバランスの変化」について。

 

女性の体は妊娠することで変化することは皆さんご存知だとは思いますが、その中でもエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが急激に増加し、出産に向けてどんどん増えていきます。

 

そして出産が終わると同時にこれらの女性ホルモンが一気に減少します。

 

このようにホルモンの増減が激しくなるとその影響を受けて、自律神経が乱れて極度の興奮状態になり、結果的に産後ハイになってしまうのです。

 

このホルモンバランスの乱れによる自律神経の変化は産後うつを引き起こすこともあります。

 

続いて、「妊娠出産による体の変化」も産後ハイの原因のひとつです。

 

妊娠すると赤ちゃんの成長に伴って子宮が大きくなり、外見的にもお腹も膨らんでいきます。

 

さらに、筋肉の付き方や骨盤の形も変化し出産が終わると徐々に元の体型に戻っていきますが、この体の大きな変化がお母さんの精神状態を不安定にし、産後ハイに繋がる恐れがあります。

 

そして妊娠中の悪阻や体型の変化によって熟睡できなかったり、産後の育児で眠れない日々が続くと睡眠不足が原因で脳が興奮状態になって産後ハイの原因になってしまいます。

 

 

産後ハイは産後うつの危険がある

 

一見、元気そうに見える産後ハイですが、産後ハイをそのまま放置しておくと産後うつになってしまう危険性が潜んでいるのです。

 

なぜなら、産後の女性の体は疲れ切ってボロボロになっているので、ある程度休憩をして体を休めなければいけないのですが、産後ハイになっていると脳が興奮状態なのでやたら元気に動き回ってしまいます。

 

すると次第に体も心も疲労が溜まってしまい、突然電池が切れたようにうつ状態になってしまう事が少なくありません。

 

子どもが生まれたことで喜びを爆発させているお母さんや、まじめすぎる性格の人はこのような事態に陥りやすいので注意が必要です。

 

産後ハイを防ぐためには

 

産後ハイは、自覚することが難しいので周囲の人が気付いて指摘してあげることが重要です。

 

産後ハイを防ぐために最も心掛けるべきことは、無理をしないという事です。

 

産後ハイになっていると、疲労感や痛みを感じにくくなっているため頑張り過ぎていることに気が付かず体が悲鳴を上げるまで無理をしてしまいます。

 

出産後の体は疲れているという事を自覚し、本人が分かっていない場合は周囲が指摘してあげて、体を休ませるよう促してあげましょう。

 

また、子供の名前ですが出産前に名前を考えておくことをおすすめします。

 

どうしても出産後は子供が生まれた喜びで、冷静な判断ができなくなっているため、落ち着いて考えられる時に名前を考えておきましょう。

 

そして、出産をすると生活が子ども中心になってしまうのは仕方がないことではありますが、趣味を楽しんだり一人になる時間を作ることが大切です。

 

このような時間を取ることで、育児を楽しむこともできますしストレスに潰されてしまう可能性も低くなります。

 

「自分1人で頑張らなくちゃ!」と考えてしまわず、周囲に相談したり素直に甘えたりしてください。

 

出産前に、産後ハイや産後うつの可能性・症状について話し合っておくことで家族も周りの人もサポートしやすくなります。

 

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後の骨盤歪みをセルフチェック

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の骨盤歪みをセルフチェック』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後、骨盤が歪みやすい理由

 

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが大きく変わります。

 

その中でも「リラキシン」は、出産に向けて分泌量が多くなっていき、出産時に赤ちゃんが出てきやすいように産道周りの筋肉を緩めてくれるのです。

 

リラキシンが分泌されないと、難産になってしまうなど、とても大切な女性ホルモンの一つだ言えます。

 

「リラキシン」の分泌は産後23日で止まりますが、関節や靭帯がゆるみやすい「リラキシン」の影響は半年程残ると言われています。

 

出産のために開いた骨盤は、出産が終わった3か月~4か月と時間をかけて元に戻っていくのですが、その間も関節や靭帯のゆるみやすい状態は続いています。

 

お母さんがたくさんの赤ちゃんグッズを詰め込んだ大きなマザーズバッグをいつも同じ腕や肩だけに下げたり、慣れない赤ちゃんの授乳の際に胡坐(あぐら)をかいていたり、イスに座る時にどちらかの足を組むのが癖になっていたりすると、骨盤が元の位置に戻るどころか、歪んだ形で固定してしまうのです。

 

また帝王切開での出産の場合、分娩による骨盤の開きはありませんが、お母さんの体で起こる出産に向けての準備は経膣分娩の場合と全く同じなので、「リラキシン」の影響での関節や靭帯のゆるみ、骨盤の開きは同じように起きてしまいます。

 

帝王切開でのケースでは、矯正下着や骨盤矯正ベルトなどを使う場合は、お母さんの腹部や子宮の傷や痛みが癒え、産婦人科医からの許可を得られてからということになります。

 

体の痛みをかばいながら無理な姿勢で赤ちゃんの世話をするうちに、骨盤に歪みが生じてしまうことも少なくありません。

 

帝王切開による出産の場合も、産後の骨盤の歪みには同じように注意が必要ですので、覚えておきましょう!

 

あなたの骨盤の歪みをセルフチェック

 

骨盤の歪みの細かな状態については専門家の診断が必要ですが、歪みの可能性については簡単なセルフチェックでも確認することができます。

 

1つでも当てはまる項目があったら骨盤に歪みが生じている可能性が考えられます。

 

日常生活からセルフチェック

 

・気が付くといつも同じ腕で赤ちゃんを抱っこしている

 

・スカートやパンツをウエストサイズに合わせて選ぶとヒップがきつい

 

・両肩の位置、腕の長さ、ウエストライン、ヒップの高さが左右で違う

 

・椅子に座るときは足を組む、床に座るときは横座り、ぺたんこ座り、体操座りが落ち着いて体も楽である。

 

・何をしてもよくならない肩こり、腰痛、に悩まされている

 

・生理不順、生理が重い、ひどい生理痛などに悩まされている

 

・姿勢が悪いと言われることが多くなった。

 

体の動きからセルフチェック

 

◎片足立ち 

 

目を閉じて10秒以上片足で立ち続けることが難しく、バランスを崩して倒れてしまう場合

 

◎その場足踏み

 

足元に目印をつけておき、目を閉じてその場で30回足踏みをし、足踏みを始めた位置か

30cm以上動いている場合

 

◎イスに座り、足を組んでみる

 

イスに座り左右の足を交互に組んだ時、どちらか一方を組みにくいと感じた場合

 

◎仰向けに寝る

 

足の力を抜いて仰向けに寝た時に、足先の倒れ方が左右で違う場合

 

ケースによって症状に違いが出る骨盤の歪み

 

「骨盤の歪み」は、骨盤のずれの向きや歪みの方向により大きく3つに分類できますが、歪みの種類により現われる症状にも違いがあります。

 

◎骨盤の前後の歪み

 

骨盤が前傾(骨盤が中心から前に倒れる)すると、反り腰・ひどい腰痛・背中のハリ・便秘・生理痛・腿のハリ・下腹の出っ張り・たれ尻になりやすいと言われています。

 

骨盤が後傾(後ろに倒れる)すると、猫背・首のこり・胸が垂れる・ポッコリお腹・下半身の代謝悪化による下半身太りが起きやすいと言われています。

 

◎骨盤の左右の歪み

 

骨盤が左右に傾いていると、肩こり・腰痛・腰のくびれの高さが左右で異なる・むくみやすい・O脚になりやすいと言われています。

 

◎骨盤の上下の歪み

 

お尻の筋肉がゆるむことでお尻が垂れたり、お尻の肉がたれてきて太ももまで太くなったりすることがあります。

 

足の長さが左右で違ってしまうことから、長時間の歩行や立ち仕事でひどい腰痛を引き起こすことがあります。

 

骨盤の歪みを放置していると、筋肉のバランスがおかしくなってしまい、血流やリンパの流れが悪くなってしまうので、その結果全身の新陳代謝の低下を招きます。

 

新陳代謝の低下は体調を崩すだけでなく、肌荒れ、シワ、たるみの原因となり、肥満やスタイルの崩れを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

又、骨盤が歪んでしまうことで神経を圧迫し、坐骨神経痛、恥骨の痛みなどが現われることもあります。

 

産後の骨盤の歪み対策は産後6か月までに!

 

骨盤の歪みを治す方法は矯正下着からベルト、エクササイズなど様々な解消法が考えられています

 

赤ちゃんの世話をしながら、筋力をつけるためのストレッチを毎日欠かさずすることは難しいですが、ベッドに入るときに気軽に簡単に続けられる運動だけでも続けてみることは大切です。

 

骨盤の歪み対策に効果的な運動やストレッチは、インターネットを検索すればたくさん出てきますし、産後の骨盤矯正に関する書籍も多数あるので、自分に合った方法を見つけて始めてみましょう。

 

また、自分1人で進めようとするのではなく産後の女性の体の変化について夫をはじめとする家族に理解してもらい、協力を得ながら進められるとストレスも少なく前向きに取り組むことができます。

 

産後の骨盤の歪み対策は、女性ホルモン「リラキシン」の影響で骨盤にゆるみが残っている産後6か月までに骨盤矯正を始めることで、効果が現われやすくなります。

 

腰痛や背中・肩・首などにコリや痛みが出ているような状態で、安易な自己判断によるストレッチや筋力トレーニングをすることが、症状の悪化につながることもあります。

 

産後の骨盤の歪みによる様々なトラブルは、医療機関で専門家の診断の下、適切な時期に適切な治療を開始することが何よりも大切です。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後の腰痛を悪化させる習慣

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の腰痛を悪化させる習慣』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後ママを悩ませる「腰痛」

 

妊娠中、大きくなったお腹を支えるために、ママの腰や背中には大きな負担がかかっていました。

 

妊娠中の腰や背中への負担は、産後に適切なケアをせずに放置すると、腰への大きなダメージとなり、産後腰痛を長引かせる大きな原因になります。

 

そんな腰痛の原因の一つにもなりかねないのが、出産に向けてたくさん分泌がされるようになる「リラキシン」。

 

この「リラキシン」が持つ産道周りの関節や靭帯、筋肉をゆるめる働きのお蔭で、赤ちゃんはママのお腹の中から出てきやすくなるのです。

 

「リラキシン」の分泌は産後数日で止まり、出産のために開いた骨盤は産後3か月から4か月のうちにちょっとずつ元の位置に戻っていくのですが、「リラキシン」の影響は半年程残り、その間も関節や靭帯のゆるみやすい状態は続いています。

 

ママになったばかりの女性たちは、関節や靭帯がゆるみやすい中で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりなどの育児を始め、ゆっくりと休む時間もないほどの忙しい毎日を送ることになるのです。

 

赤ちゃんを抱きかかえる、おむつを替える、ベビーカーを覗きこむなど、育児は腰に大きな負担がかかる中腰の姿勢を取ることも多くなります。

 

またたくさんの赤ちゃんグッズを詰め込んだ大きなマザーズバッグをいつも同じ腕や肩だけに下げたり、慣れない赤ちゃんの授乳の際に胡坐(あぐら)をかいていたりすると、骨盤は元の位置に戻るどころか歪んだ形で固定してしまうのです。

 

腰痛を自覚しながら、産後の忙しさから腰痛の治療や骨盤のケアを後回しにしてしまうことも、産後の腰痛をさらに悪化させ、長引かせる要因です。

 

産褥期と呼ばれる産後1か月の間にしっかりと体を休めず動き回ったり、骨盤がもとに戻る産後34か月の間に上のお子さんの面倒や、職場復帰などでゆっくりする時間もないまま骨盤の歪みにつながるような悪い姿勢が続けたりというようなことがあると、産後の腰痛は慢性化する恐れも出てくるのです。

 

産後の腰痛を悪化させる「いけない習慣」

 

日常生活の中での無意識の行動にも産後の腰痛を悪化させる習慣があると言われています。

 

◎長時間同じ姿勢で過ごす

 

産後間もない時期に職場復帰を果たされた頑張り屋のママも、腰痛に悩んでいる方は少なくありません。

 

職場ではデスクワークで、1日中パソコンの前に座ったままということはありませんか?

 

1日中立ち仕事をしている、長時間腰を曲げて作業をするなども同様で、同じ姿勢を長時間続けると、体の特定の部分にだけ負担がかかることになり、負担のかかる部位を痛めてしまう危険性が高くなるのです。

 

◎重いものを勢いつけて一気に持ち上げる

 

ベビーベッドに寝ている赤ちゃんを抱き上げる時に、中腰姿勢で一気に抱え上げるということはありませんか?

 

腰を高い位置に置いたまま上半身だけで抱き上げようとすると、腰に大きな負担がかかり腰痛の原因になったり、ぎっくり腰を引き起こしたりということも考えられます。

 

◎体を冷やす

 

気温の高い季節になり、1日中クーラーの効いた部屋で過ごす、薄着で過ごす、湯船に浸からずシャワーだけで済ますということが多くなっていませんか?

 

冷えにより血行が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉に留まってしまい、腰痛の痛みやだるさの症状が悪化してしまうのです。

 

その痛みが更に筋肉を硬くし、さらに血流を悪化させる悪循環ができてしまいます。

 

◎ストレスフルな毎日

 

慣れない育児、授乳により十分な睡眠時間を確保できない毎日を送るママはストレスを解消することも難しくなります。

 

あまりに大きなストレスは自律神経を乱し、交感神経と副交感神経の2つの分泌する量が崩れることから、体に様々な悪影響がでて、腰痛の悪化を引き起こします。

 

◎イスに浅く腰かける、イスに座る時に足を組む

 

イスに浅く腰かけると、前屈みの猫背になりやすく、猫背の姿勢は骨盤の歪みを引き起こします。

 

腰痛に加えて、血管や神経を圧迫することから脊髄にも悪影響を及ぼし、筋肉や椎間板、関節などにさらなる問題を引き起こすことも考えられます。

 

◎体に合わない枕やマットレスを使う

 

ゆっくり寝たはずなのに、朝目覚めると腰や背中が痛いということはありませんか?

 

枕やマットレスが体に合っていないと、睡眠中の体を支えることができずに腰痛の悪化を招きます。

 

産後の腰痛を解消する為に

 

◎長時間同じ姿勢を続けない

 

長時間同じ姿勢が続くような作業の場合は、腰痛の予防のためにも一定時間の作業が続いたら必ず体を休め、姿勢を変えるための作業休止時間を作ることが大切で、作業の効率を考えるうえでも効果的です。

 

外出もままならない子育て中のママは、寂しさを解消するため赤ちゃんが寝てしまった後スマートフォンでSNSに夢中になることがあるかもしれません。

 

長時間スマートフォンを見続ける姿勢も腰痛悪化につながるので、気を付けましょう。

 

◎赤ちゃんを抱きあげる、荷物を持ち上げる

 

膝を曲げることを意識して、体を赤ちゃんや荷物に近づけた状態で抱き上げるようにすると腰にかかる負担が減ります。

 

重い荷物など、勢いをつけて一気に持ち上げることがないように注意が必要です。

 

◎湯船に浸かってストレスを解消しながら血行促進

 

ほんの短い時間でも湯船に浸かることで、全身が温まって血行が良くなると、腰痛の解消につながります。

 

また、香りのいいお気に入りの入浴剤を入れれば、ホッと一息付けてストレスの解消にもつながります。

 

◎寝返りの打ちやすいマットレス、枕を選ぶ

 

寝返りを打つことで体の歪みが修正され、筋肉が動かされることで体の柔軟性も保たれるので、同じ姿勢が長時間続く睡眠中には「寝返り」が大切です。

 

体が沈み込むような柔らかいマットレス、頭が沈むほど柔らかい枕は、身動きがとりにくくなって寝返りが打ちづらく、腰に負担がかかります。

 

体に合った適度な硬さを持つマットレス、枕を選びましょう。

 

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。