産後コラム

産後の骨盤歪みをセルフチェック

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の骨盤歪みをセルフチェック』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後、骨盤が歪みやすい理由

 

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが大きく変わります。

 

その中でも「リラキシン」は、出産に向けて分泌量が多くなっていき、出産時に赤ちゃんが出てきやすいように産道周りの筋肉を緩めてくれるのです。

 

リラキシンが分泌されないと、難産になってしまうなど、とても大切な女性ホルモンの一つだ言えます。

 

「リラキシン」の分泌は産後23日で止まりますが、関節や靭帯がゆるみやすい「リラキシン」の影響は半年程残ると言われています。

 

出産のために開いた骨盤は、出産が終わった3か月~4か月と時間をかけて元に戻っていくのですが、その間も関節や靭帯のゆるみやすい状態は続いています。

 

お母さんがたくさんの赤ちゃんグッズを詰め込んだ大きなマザーズバッグをいつも同じ腕や肩だけに下げたり、慣れない赤ちゃんの授乳の際に胡坐(あぐら)をかいていたり、イスに座る時にどちらかの足を組むのが癖になっていたりすると、骨盤が元の位置に戻るどころか、歪んだ形で固定してしまうのです。

 

また帝王切開での出産の場合、分娩による骨盤の開きはありませんが、お母さんの体で起こる出産に向けての準備は経膣分娩の場合と全く同じなので、「リラキシン」の影響での関節や靭帯のゆるみ、骨盤の開きは同じように起きてしまいます。

 

帝王切開でのケースでは、矯正下着や骨盤矯正ベルトなどを使う場合は、お母さんの腹部や子宮の傷や痛みが癒え、産婦人科医からの許可を得られてからということになります。

 

体の痛みをかばいながら無理な姿勢で赤ちゃんの世話をするうちに、骨盤に歪みが生じてしまうことも少なくありません。

 

帝王切開による出産の場合も、産後の骨盤の歪みには同じように注意が必要ですので、覚えておきましょう!

 

あなたの骨盤の歪みをセルフチェック

 

骨盤の歪みの細かな状態については専門家の診断が必要ですが、歪みの可能性については簡単なセルフチェックでも確認することができます。

 

1つでも当てはまる項目があったら骨盤に歪みが生じている可能性が考えられます。

 

日常生活からセルフチェック

 

・気が付くといつも同じ腕で赤ちゃんを抱っこしている

 

・スカートやパンツをウエストサイズに合わせて選ぶとヒップがきつい

 

・両肩の位置、腕の長さ、ウエストライン、ヒップの高さが左右で違う

 

・椅子に座るときは足を組む、床に座るときは横座り、ぺたんこ座り、体操座りが落ち着いて体も楽である。

 

・何をしてもよくならない肩こり、腰痛、に悩まされている

 

・生理不順、生理が重い、ひどい生理痛などに悩まされている

 

・姿勢が悪いと言われることが多くなった。

 

体の動きからセルフチェック

 

◎片足立ち 

 

目を閉じて10秒以上片足で立ち続けることが難しく、バランスを崩して倒れてしまう場合

 

◎その場足踏み

 

足元に目印をつけておき、目を閉じてその場で30回足踏みをし、足踏みを始めた位置か

30cm以上動いている場合

 

◎イスに座り、足を組んでみる

 

イスに座り左右の足を交互に組んだ時、どちらか一方を組みにくいと感じた場合

 

◎仰向けに寝る

 

足の力を抜いて仰向けに寝た時に、足先の倒れ方が左右で違う場合

 

ケースによって症状に違いが出る骨盤の歪み

 

「骨盤の歪み」は、骨盤のずれの向きや歪みの方向により大きく3つに分類できますが、歪みの種類により現われる症状にも違いがあります。

 

◎骨盤の前後の歪み

 

骨盤が前傾(骨盤が中心から前に倒れる)すると、反り腰・ひどい腰痛・背中のハリ・便秘・生理痛・腿のハリ・下腹の出っ張り・たれ尻になりやすいと言われています。

 

骨盤が後傾(後ろに倒れる)すると、猫背・首のこり・胸が垂れる・ポッコリお腹・下半身の代謝悪化による下半身太りが起きやすいと言われています。

 

◎骨盤の左右の歪み

 

骨盤が左右に傾いていると、肩こり・腰痛・腰のくびれの高さが左右で異なる・むくみやすい・O脚になりやすいと言われています。

 

◎骨盤の上下の歪み

 

お尻の筋肉がゆるむことでお尻が垂れたり、お尻の肉がたれてきて太ももまで太くなったりすることがあります。

 

足の長さが左右で違ってしまうことから、長時間の歩行や立ち仕事でひどい腰痛を引き起こすことがあります。

 

骨盤の歪みを放置していると、筋肉のバランスがおかしくなってしまい、血流やリンパの流れが悪くなってしまうので、その結果全身の新陳代謝の低下を招きます。

 

新陳代謝の低下は体調を崩すだけでなく、肌荒れ、シワ、たるみの原因となり、肥満やスタイルの崩れを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

又、骨盤が歪んでしまうことで神経を圧迫し、坐骨神経痛、恥骨の痛みなどが現われることもあります。

 

産後の骨盤の歪み対策は産後6か月までに!

 

骨盤の歪みを治す方法は矯正下着からベルト、エクササイズなど様々な解消法が考えられています

 

赤ちゃんの世話をしながら、筋力をつけるためのストレッチを毎日欠かさずすることは難しいですが、ベッドに入るときに気軽に簡単に続けられる運動だけでも続けてみることは大切です。

 

骨盤の歪み対策に効果的な運動やストレッチは、インターネットを検索すればたくさん出てきますし、産後の骨盤矯正に関する書籍も多数あるので、自分に合った方法を見つけて始めてみましょう。

 

また、自分1人で進めようとするのではなく産後の女性の体の変化について夫をはじめとする家族に理解してもらい、協力を得ながら進められるとストレスも少なく前向きに取り組むことができます。

 

産後の骨盤の歪み対策は、女性ホルモン「リラキシン」の影響で骨盤にゆるみが残っている産後6か月までに骨盤矯正を始めることで、効果が現われやすくなります。

 

腰痛や背中・肩・首などにコリや痛みが出ているような状態で、安易な自己判断によるストレッチや筋力トレーニングをすることが、症状の悪化につながることもあります。

 

産後の骨盤の歪みによる様々なトラブルは、医療機関で専門家の診断の下、適切な時期に適切な治療を開始することが何よりも大切です。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後の腰痛を悪化させる習慣

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の腰痛を悪化させる習慣』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後ママを悩ませる「腰痛」

 

妊娠中、大きくなったお腹を支えるために、ママの腰や背中には大きな負担がかかっていました。

 

妊娠中の腰や背中への負担は、産後に適切なケアをせずに放置すると、腰への大きなダメージとなり、産後腰痛を長引かせる大きな原因になります。

 

そんな腰痛の原因の一つにもなりかねないのが、出産に向けてたくさん分泌がされるようになる「リラキシン」。

 

この「リラキシン」が持つ産道周りの関節や靭帯、筋肉をゆるめる働きのお蔭で、赤ちゃんはママのお腹の中から出てきやすくなるのです。

 

「リラキシン」の分泌は産後数日で止まり、出産のために開いた骨盤は産後3か月から4か月のうちにちょっとずつ元の位置に戻っていくのですが、「リラキシン」の影響は半年程残り、その間も関節や靭帯のゆるみやすい状態は続いています。

 

ママになったばかりの女性たちは、関節や靭帯がゆるみやすい中で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりなどの育児を始め、ゆっくりと休む時間もないほどの忙しい毎日を送ることになるのです。

 

赤ちゃんを抱きかかえる、おむつを替える、ベビーカーを覗きこむなど、育児は腰に大きな負担がかかる中腰の姿勢を取ることも多くなります。

 

またたくさんの赤ちゃんグッズを詰め込んだ大きなマザーズバッグをいつも同じ腕や肩だけに下げたり、慣れない赤ちゃんの授乳の際に胡坐(あぐら)をかいていたりすると、骨盤は元の位置に戻るどころか歪んだ形で固定してしまうのです。

 

腰痛を自覚しながら、産後の忙しさから腰痛の治療や骨盤のケアを後回しにしてしまうことも、産後の腰痛をさらに悪化させ、長引かせる要因です。

 

産褥期と呼ばれる産後1か月の間にしっかりと体を休めず動き回ったり、骨盤がもとに戻る産後34か月の間に上のお子さんの面倒や、職場復帰などでゆっくりする時間もないまま骨盤の歪みにつながるような悪い姿勢が続けたりというようなことがあると、産後の腰痛は慢性化する恐れも出てくるのです。

 

産後の腰痛を悪化させる「いけない習慣」

 

日常生活の中での無意識の行動にも産後の腰痛を悪化させる習慣があると言われています。

 

◎長時間同じ姿勢で過ごす

 

産後間もない時期に職場復帰を果たされた頑張り屋のママも、腰痛に悩んでいる方は少なくありません。

 

職場ではデスクワークで、1日中パソコンの前に座ったままということはありませんか?

 

1日中立ち仕事をしている、長時間腰を曲げて作業をするなども同様で、同じ姿勢を長時間続けると、体の特定の部分にだけ負担がかかることになり、負担のかかる部位を痛めてしまう危険性が高くなるのです。

 

◎重いものを勢いつけて一気に持ち上げる

 

ベビーベッドに寝ている赤ちゃんを抱き上げる時に、中腰姿勢で一気に抱え上げるということはありませんか?

 

腰を高い位置に置いたまま上半身だけで抱き上げようとすると、腰に大きな負担がかかり腰痛の原因になったり、ぎっくり腰を引き起こしたりということも考えられます。

 

◎体を冷やす

 

気温の高い季節になり、1日中クーラーの効いた部屋で過ごす、薄着で過ごす、湯船に浸からずシャワーだけで済ますということが多くなっていませんか?

 

冷えにより血行が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉に留まってしまい、腰痛の痛みやだるさの症状が悪化してしまうのです。

 

その痛みが更に筋肉を硬くし、さらに血流を悪化させる悪循環ができてしまいます。

 

◎ストレスフルな毎日

 

慣れない育児、授乳により十分な睡眠時間を確保できない毎日を送るママはストレスを解消することも難しくなります。

 

あまりに大きなストレスは自律神経を乱し、交感神経と副交感神経の2つの分泌する量が崩れることから、体に様々な悪影響がでて、腰痛の悪化を引き起こします。

 

◎イスに浅く腰かける、イスに座る時に足を組む

 

イスに浅く腰かけると、前屈みの猫背になりやすく、猫背の姿勢は骨盤の歪みを引き起こします。

 

腰痛に加えて、血管や神経を圧迫することから脊髄にも悪影響を及ぼし、筋肉や椎間板、関節などにさらなる問題を引き起こすことも考えられます。

 

◎体に合わない枕やマットレスを使う

 

ゆっくり寝たはずなのに、朝目覚めると腰や背中が痛いということはありませんか?

 

枕やマットレスが体に合っていないと、睡眠中の体を支えることができずに腰痛の悪化を招きます。

 

産後の腰痛を解消する為に

 

◎長時間同じ姿勢を続けない

 

長時間同じ姿勢が続くような作業の場合は、腰痛の予防のためにも一定時間の作業が続いたら必ず体を休め、姿勢を変えるための作業休止時間を作ることが大切で、作業の効率を考えるうえでも効果的です。

 

外出もままならない子育て中のママは、寂しさを解消するため赤ちゃんが寝てしまった後スマートフォンでSNSに夢中になることがあるかもしれません。

 

長時間スマートフォンを見続ける姿勢も腰痛悪化につながるので、気を付けましょう。

 

◎赤ちゃんを抱きあげる、荷物を持ち上げる

 

膝を曲げることを意識して、体を赤ちゃんや荷物に近づけた状態で抱き上げるようにすると腰にかかる負担が減ります。

 

重い荷物など、勢いをつけて一気に持ち上げることがないように注意が必要です。

 

◎湯船に浸かってストレスを解消しながら血行促進

 

ほんの短い時間でも湯船に浸かることで、全身が温まって血行が良くなると、腰痛の解消につながります。

 

また、香りのいいお気に入りの入浴剤を入れれば、ホッと一息付けてストレスの解消にもつながります。

 

◎寝返りの打ちやすいマットレス、枕を選ぶ

 

寝返りを打つことで体の歪みが修正され、筋肉が動かされることで体の柔軟性も保たれるので、同じ姿勢が長時間続く睡眠中には「寝返り」が大切です。

 

体が沈み込むような柔らかいマットレス、頭が沈むほど柔らかい枕は、身動きがとりにくくなって寝返りが打ちづらく、腰に負担がかかります。

 

体に合った適度な硬さを持つマットレス、枕を選びましょう。

 

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後ダイエットの敵!便秘を解消

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後ダイエットの敵!便秘を解消』について書いていきたいと思います(^O^)

 

産後に便秘が多くなる理由

 

大腸に長時間便が留まると、悪玉菌から有害なガスが発生し、腸内に毒素が溜まることによって血行が悪くなり、全身の代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなると、体内に取り込んだ食物を体の中で燃やしたり(エネルギーに変換する)、体の外に排出したりすることが難しくなり、むくみや体重の増加を引き起こします。

 

多くの産後女性が便秘に悩まされていて、便秘が産後ダイエットを邪魔する大きな壁の1つになっているのです。

 

便秘を引き起こす原因は様々ありますが、「産後の便秘」の原因はいくつかに絞られます。

 

①出産での傷口が怖くて、上手く排便できない

 

初産のお母さんには「会陰切開」も多くみられ、その傷が怖くて排便を我慢してしまうことから便秘になってしまうことが少なくありません。

 

また、妊娠中から出産を通して痔で悩まされるお母さんも多く、痛みを気にして上手く排便できない場合も益々便秘をひどくしてしまいます。

 

②「肛門括約筋」のダメージ

 

肛門を開いたり閉じたりする筋肉「肛門括約筋」に、出産の長時間にいきみにより大きな負担がかかり、筋肉の働きが弱まってしまい、便を押し出す力が弱まったり、逆に自分の意志に反して出てしまったりということがあります。

 

③腸の水分不足

 

出産後、1日に作られる600mlから800mlの母乳のために、お母さんの体内からは1リットルの水分が奪われています。

 

成人女性が1日に必要な水分量は2リットルと言われているので、授乳中には3リットルもの水分を取り入れる必要がありますが、毎日3リットルの水分を取ることは難しく、不足が出ると体内の水分が奪われ便が硬くなり、便秘の原因となってしまいます。

 

④育児疲れとストレス

 

赤ちゃんの世話や、お母さんの睡眠時間が削られる「授乳」など、体が妊娠前の状態に戻らないうちから始まる慣れない生活でお母さんは疲れ切ってしまいます。

 

また、不規則で慣れない生活がストレスとなり、ホルモンバランスが崩れて腸内環境が悪化し、便秘を引き起こしたり、お母さんの感じるイライラした気持ちが神経を緊張させ腸の筋肉を硬くし、さらなる便秘の原因になったりします。

 

⑤ 運動不足

 

妊娠中から出産後にかけての運動不足により、腸の働きが弱まることも便秘の原因です。

 

産後に多くみられる便秘には出産後特有の原因があるので、時間の経過とともに便秘が解消されていくケースもありますが、体の状態が戻るまでの間に便秘が癖になり、便秘が他の体調不良を引き起こすこともあります。

 

赤ちゃんの世話など忙しい毎日ですが、自分の体の状態をしっかり見つめることは体調を維持するために大切なことです。

 

便秘は3つのタイプ

 

産後に多くみられる便秘は3つのタイプに分けられるので、それぞれのタイプに合った対処法が必要になります。

 

◎痙攣性便秘

 

疲労や過労、ストレスが原因で、強い便意と腹痛を伴いますが、排便される量は少なく残便感が消えない人もいます。

 

便秘から下痢へと交互に起きることがあります。

 

消化の悪い物、冷たいもの熱すぎる物、香辛料など腸への刺激の強い食べ物は避けるように心がけましょう。

 

また便秘にいいと言われる食物繊維も、エリンギ・えのき・インゲン豆・切干大根・アーモンドなど不溶性食物繊維と呼ばれる物は却って便を硬くしてしまうので、アボガド・オクラ・山芋・納豆・昆布・わかめなどの水溶性食物繊維と呼ばれる物を摂るようにしましょう。

 

又、便が硬くならないように水分を取る場合は常温で、カフェインが含まれないミネラルウォーター、ルイボスティーなどがおすすめです。

 

紅茶やコーヒーなどは利尿作用があり、さらに体の水分が奪われてしまいます。

 

◎弛緩性便秘

 

トイレに行くのをつい我慢してしまう、腹筋が弱い、普段から運動をしないことなどが原因で、お腹に張りが出て苦しくなることもあります。

 

慢性的な便秘の中では最も多いタイプで、全体的に食物繊維が足りていないことが原因というケースもあります。

 

◎直腸性便秘

 

トイレに行くことを我慢する、下剤や浣腸の乱用などが原因とされており、直腸まで便は降りてきていても、便意を感じないというケースが起こります。

 

大きくて硬い便になります。

 

まずは小まめな水分補給が大切ですが、腸に刺激を与えることも大切で、朝、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促すためにも目が覚めた時にコップ1杯の水を飲むことも効果的です。

 

薬を飲まずに便秘を解消する生活習慣

 

授乳中の薬の服用をできる限り避けるためにも、毎日の生活習慣から便秘にならない様に心がけましょう

 

◎1日に1回はトイレタイムを作る

 

赤ちゃんが心配で、ゆっくりとトイレに入ることもできないばかりか、便意を感じても我慢してしまうお母さんも少なくありません。

 

お母さんが体調を崩してしまったら大変です!

 

体調を整える意味でも、1日に1回はトイレタイムを設けて、ゆっくりとリラックスすることは便秘の解消にも有効です。

 

又、出産時の傷口は肛門とは離れていて、排便のいきみ程度で傷口が更に広がることはありません。

 

産後すぐは傷口の痛みがありますが、痛みも次第に消えていくので、排便の際傷口を心配し過ぎる必要はありません。

 

◎規則正しい食生活を送る

 

忙しい毎日に自分のことを全て後回しにしてしまい、食事を簡単に済ませてはいませんか?

 

朝食後のスムーズな排便は1日の生活リズムを作るので、眠っている腸を目覚めさせる朝食は特にゆっくり、しっかりと食べる必要があります。

 

(便秘を悪化させる食材)

 

食物繊維を含んだ食材が便秘の解消に効果的であることは知られていますが、一方で便秘を悪化させる食材があることを知っていますか?

紅茶、コーヒー、赤ワイン、ビール、クルミ、ヘーゼルナッツ、チョコレートなどに多く含まれるタンニンです。

 

タンニンは鉄分と一緒に取ると、鉄分の吸収を邪魔する働きがあるので、妊娠中貧血に注意していた方はご存知かもしれません。

 

また、消化吸収に特に優れた肉類に偏った食事は便の量が減少してしまうので、便秘を悪化させます。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

産後の腹直筋離開って?

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後の腹直筋離開って?』について書いていきたいと思います(^O^)

 

気づかないうちにも腹直筋離開は起きている?

 

アスリートやダンサーの鍛え上げられた腹筋がきれいに6つに割れてみえる状態は「シックスパック」と呼ばれますが、シックスパックの丁度中央部分には「白線」という腱があります。

 

この腱がゆるんで腹直が2つに分かれてしまう状態を「腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)」と言います。

 

骨盤矯正のブログでは何度も登場する女性ホルモン「リラキシン」は妊娠中に分泌が増え関節や靭帯をゆるめます。

 

この「リラキシン」の作用のお蔭で分娩がスムーズに進行するのですが、腹直筋の中央にある「白線」もリラキシンの作用で同じようにゆるんでしまうのです。

 

白線がゆるむと妊娠で大きくなった腹部の膨らみを支えきれず、腹直筋が白線を境に離れてしまうことがあります。

 

おへそを中心として腹直筋が縦にパックリと裂けてしまうことが「腹直筋離開」です。

 

モデルさんの様に細い体、腹筋の薄い人、腹筋の弱い人など、全体的に筋肉量の少ない人に起こりやすく、本人に自覚がない場合も含めると妊娠後期から出産直後には多くの人が「腹直筋離開」を起こしていると言われています。

 

妊娠中の腹直筋離開は分娩時の回旋異常、逆子、微弱陣痛、前期破水などを引き起こす要因になると言われますが、産後の腹直筋離開もママにとって様々な辛い症状を引き起こします。

 

産後の「腹直筋離開」、辛い症状

 

腹直筋は胸の下あたりから骨盤の恥骨部分まで、お腹の前側を縦に広く覆っている筋肉で

お辞儀をする時に体を前に倒す前屈、身体を横に倒す側屈、身体をねじる回旋運動などの動作で使われます。

 

またお腹の中の臓器を守り、臓器の位置を固定し腹圧を維持する役目もあります。

 

分娩だけではなく日常生活の中でも排便、嘔吐、咳など腹圧を高める時に腹直筋が強く作用します。

 

腹直筋離開はすぐに自覚できるものではなく、離開にともなう様々な症状から気づく場合がほとんどです。

 

・お腹がポッコリと出っ張っている

 

妊娠期間に大きなお腹に引っ張られて伸びきった皮膚のたるみ、大きくなった子宮、胎児の影響で押しやられていた胃、腸などの内臓の戻り具合により、通常でも産後すぐにはママのお腹は妊娠前の様にすっきりとは戻りません。

 

しかし、出産後も妊娠中と同じくらいお腹が出っ張っている場合は腹直筋離開の疑いがあります。

 

これは臓器の位置を固定している腹直筋の離開によって、内臓下垂が引き起こされたことが原因です。

内臓下垂とは内臓があるべき位置より下がってしまう状態で、胃が下がれば「胃下垂」、腸が下がれば「腸下垂」と呼ばれます。

 

下垂した内臓は、骨盤部分から下に落ちることはありませんが、下腹に集中して内臓が溜まってしまいます。

 

つまり、ぽっこりお腹の正体は皮下脂肪ではなく、内臓がこの部分まで落ちてきてしまったことが原因でもあるのです。

 

・お腹に力が入りづらく、便秘が続く

 

腹直筋が薄く引き伸ばされている状態でお腹に力が入らず、排便が難しくなり便秘になります。

 

尿漏れが気になる場合もあります。

 

・腰痛、背中、肩こりが悪化する

 

良い姿勢を保つことができず腰に負担がかかるので、腰痛が悪化します。

 

お腹に力が入らず、姿勢も悪くなることから、背中や肩に負担がかかりコリや痛みがひどくなってしまうのです。

 

・体調不良

 

内臓下垂は血行不良による体の冷えや消化不良などの原因になり、体質の変化や体調不良を引き起こします。

 

「腹直筋離開」を自分で見つけることはできるのでしょうか?

 

腹直筋離開には痛みなどの自覚症状がないために、そのまま放置されていることも少なくありません。

 

出産後、ひどい腰痛やこれまでになかった体調不良に悩まされて、初めて腹直筋離開に気づく場合もあります。

 

また、20歳代での腹直筋離開の影響が60歳代になって腰椎や脊椎に関する症状として出てきたという症例もあります。

 

腹直筋離開は医療機関での診断でお腹を触るとすぐにわかりますが、自分でも簡単にチェックすることができます。

 

①仰向けになり腰幅に足を開き、膝を曲げます。

 

②軽く頭を持ち上げて、おへそを見るようにします(腹筋に力が入るように)

 

③その状態を保ったままお腹の真ん中、おへその上側、下側に指を当ててみましょう

 

お腹の真中に隙間がある、当てた指がお腹の中にズボッと差し込めるといった場合は腹直筋離開が起きている可能性が高くなります。

 

また、妊娠中キレイな丸い形のお腹ではなくゴツゴツとしたいびつな形であった場合、出産後ポッコリお腹がいつまでも元に戻らない、おへその周りがシワシワにたるんでいる、お腹に力が入らないといった腹直筋離開の典型的な症状がある場合も離開が疑われます。

 

腹直筋離開はおへその上下現われた黒い線が産後6か月程で消える「軽度」、出産直後でもお腹が妊娠中と変わらない状態で出っ張っている「中度」、出産後3か月以上がたってもお腹の出っ張りが全く解消されない「重度」に分類されます。

 

セルフチェックは腹直筋離開の目安にすぎません。

 

気になる症状や体に不安がある場合は自己判断せず、早急に医療機関にご相談ください。

 

産後の腹直筋離開は治りますか?

 

子宮は出産後6週間ほどをかけて元の大きさに戻ります。

 

また出産後1か月ほどは女性ホルモン「リラキシン」の影響が続いています。

 

産後1カ月間ほどは妊娠・出産で疲れた体を十分に休めることが大切です。

 

腹直筋離開がおきてしまった場合は、産後1か月ごろから適切な運動を続け、筋肉量を増やすことが腹直筋離開を治す近道となります。

 

ポッコリお腹をへこませるために腹筋運動を続けたり、自己判断で体を無理に動かしたりすると却って離開を拡げてしまい、尿漏れや、症状によってはヘルニアを誘発してしまう恐れもあります。

 

また腹直筋離開をしたまま、筋肉が固まってしまう例も珍しくありません。

 

医療機関での診断と専門家の指導の下で、それぞれの症状や体の状態にあった運動を続けることが必要です。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後のぎっくり腰が多い理由

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後のぎっくり腰が多い理由』について書いていきたいと思います(^O^)

 

忙しいママの腰には負担がいっぱい!

 

ぎっくり腰とは腰の部分の筋肉や関節に瞬間的にねじれる力が加わって起きる急性腰痛症のことです。

 

荷物を持ち上げようとした瞬間「ヴッ」と激しい痛みを感じ、全く動けなくなってしまうこともあります。

 

実はぎっくり腰の痛みをこらえながら来院される産後数か月のママは少なくありません。

 

産後のママにぎっくり腰が多くなる理由は様々に考えられます。

 

・骨盤の歪み

 

分娩時、赤ちゃんが無理なく外に出てきやすいように妊娠中にリラキシンという女性ホルモンの分泌が増え、ママの産道周辺の関節や靭帯がゆるみます。

 

ゆるんだ関節や、広がった骨盤は産後数か月をかけてゆっくり元に戻りますが、その間に無理な姿勢や腰への負担が続くと骨盤に歪み(ゆがみ)が生じ腰痛の原因となります。

 

腰痛だけではなく、歪んだ骨盤周りの関節や筋肉に瞬間的に大きな負荷がかかるとぎっくり腰を起こしてしまうのです。

 

・育児の無理な姿勢からの腰への負担

 

赤ちゃんへの授乳、赤ちゃんの抱っこや抱き上げ、おむつ替え、散歩中のベビーカーを覗き込んで赤ちゃんをあやす、赤ちゃんを抱きながら肩には荷物がぎっしり詰まったマザーズバッグをかける。

 

ママたちの1日の動きを考えると、中腰や前屈み、腰への負担が大きい無理な姿勢がずっと続いています。

 

なかなか泣き止んでくれない赤ちゃんを抱っこしたまま、家事や買い物もこなさなければいけません。

 

赤ちゃんのことを心配するあまり、腰にかかる大きな負担に気づかず無理な姿勢を取り続けていると、ぎっくり腰が突然起きてしまいます。

 

・ストレスや疲れ

 

慣れない育児でストレスや疲れが溜まります。

 

育児をしながら仕事に復帰されたママはなおさらです。

 

ストレスはママの自律神経のバランスを崩してしまい、血行不良を起こします。

 

血行不良は腰痛の原因にもなり、ぎっくり腰にもつながります。

 

・妊娠中・産後にわたる運動不足による筋力の低下

 

妊娠中は大きくなるお腹やお腹の赤ちゃんのためにハードな運動ができません。

 

出産後も育児などで自分の時間が取れず、定期的な運動は後回しになってしまいます。

 

そのためにママの筋力は全体的に低下し、腰を支える力がなく、ぎっくり腰が起きやすくなるのです。

 

ぎっくり腰を起こしてしまったら

 

体が動かすことができ、医療機関の診療中であればすぐに受診するようにしましょう。

 

ぎっくり腰を起こした直後は激しい痛みを感じますが、その後、痛みはあっても体を動かすことができる場合もあります。

 

動けるようになったと安心して適切な処置をしないまま放置してしまうと、痛みの原因である炎症物質が拡がって痛みが長引いてしまうことがあります。

 

痛みで体を動かすことができない場合や休日や深夜で医療機関の受診ができない場合は、とにかく安静にすることが大切です。

 

腰が沈み込むような柔らかいベッドやソファーで横になることは、腰の骨への負担を増加

させるので避けるようにしましょう。

 

痛みがなく、自分が楽だと感じる姿勢が1番ですが、仰向けに寝ると腰への負担が大きくなるので、普段から横向きで腰を丸めるように寝るようすると腰が楽になります。

 

腰が腫れて熱を持っているケースでは、まずは患部を冷やすことが大切です。

 

痛みは約2日間(48時間)痛みを感じる炎症物質が分泌され続けます。

 

熱を持っているときは、炎症物質が分泌されていると考えましょう。

 

炎症物質は冷やすことで分泌量を減らし、さらに痛みを和らげることも可能なので、凍傷に注意しながら冷やしてください。

 

ぎっくり腰が起きた直後はそれほど痛くなかったのに、2-3日目になって痛みが増してきたなど、痛みのピークが2-3日目だと感じる人が多いようです。

 

痛みが引いてくるまではしっかりと冷やし、ぎっくり腰の初期段階での入浴はやめてください。

 

腰の痛みは自己判断をせず、医療機関、専門家の診断を受けることが痛みを長引かせない、早く治すことにつながります。

ぎっくり腰にならないために

 

赤ちゃんは少しずつ大きくなって、抱き上げるママの腰にはもっと大きな負担がかかります。

 

歩き出すようになれば心配なことも増え、ママの1日はもっとハードになります。

 

出産後、腰痛でお悩みのママは専門家と相談しながら、すぐに腰痛のケアを始めることがぎっくり腰の予防にもつながります。

 

◎赤ちゃんを抱き上げる時には必ず膝を曲げる

 

よちよち歩く赤ちゃんを抱き上げようとするとき、赤ちゃんの両脇に手を入れて上半身だけで抱き上げると腰に大きな負担がかかります。

 

必ず膝を曲げて赤ちゃんに近づいてから抱き上げるようにしましょう。

 

◎おむつを替える時、ベビーカーを覗きこむ時など中腰の姿勢に注意する

 

重い荷物を運ぶ時も中腰のまま運んでいると、腰への負担が大きくなります。

 

反対に体をのけぞらせてお腹の上に赤ちゃんを乗せたような姿勢で赤ちゃんを支えることも絶対にやめましょう。

 

◎頑張りすぎず、自分にリラックスタイムのごほうびを

 

可愛い赤ちゃんのために、ママは頑張りすぎてしまいます。

 

周りの人に助けて頂き、少しだけでも自分のリラックスタイムを作ってみましょう。

 

香りのいい入浴剤でゆっくり入浴をすれば、血流がよくなり腰痛にもストレス解消にも効果があります。

 

ストレスを上手く解消することは、ぎっくり腰の予防につながります。

 

◎授乳クッション

 

授乳クッションの上に寝かせて授乳をすると、高さの調節もでき、腰への負担がぐっと少なくなります。

 

授乳クッションはイスやソファーに腰かける時に腰当としても使えます。

 

◎ウエストニッパーを使う

 

出産前に、産後すぐに使う産褥ベルト、退院後体調が落ち着いてから使うウエストニッパーを準備されたママも多いと思います。

 

ウエストニッパーは骨盤を固定することで骨盤が元の位置に戻りやすくなるだけではなく、腰痛の改善や重い荷物を運ぶ時にはぎっくり腰予防にもなります。

 

体形が元に戻ってもう使っていないというママも、腰痛の悩みがあればウエストニッパーを使うことをお勧めします。

 

骨盤の歪みからくる腰痛、産後に多くなるぎっくり腰予防には専門家のアドヴァイスの下、適切な運動を続けることがとても大切です。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後に肩こりがひどくなる理由

わかば整体院院長の須崎です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は『産後に肩こりがひどくなる理由』について書いていきたいと思います(^O^)

 

みんな肩こりに悩んでいる、なぜ肩がこるの?

 

夜やっと眠ってくれた赤ちゃんの天使のような寝顔を見ている時も、気が付けば自分で自分の肩をもんでいる。

 

産後、肩こりの悩みをご相談されるお母さまがたくさんいらっしゃいます。

 

・長時間の抱っこやおむつ替えなどでの無理な姿勢

 

・蓄積される育児疲労

 

・運動不足

 

・ゆっくりと入浴できないことからの血行不良

 

など、子育てをしながらの忙しい毎日に、肩こりの様々な原因は潜んでいます。

 

でも産後に肩こりがひどくなるのはそれだけが原因ではないのです。

 

骨盤の歪み

 

妊娠、出産は女性の体にとってとても大きな出来事で、気づかないうちに体の中では様々な変化が起きているんですよ。

 

妊娠後期から末期にかけて卵巣や子宮・胎盤から主に分泌されるホルモン「リラキシン」の分泌量が増えてしまうのも、その一つ。

 

リラキシンによって産道周辺の関節や靭帯(じんたい)がゆるみ、柔らかくなるので分娩がスムーズ行われています。

 

しかし!骨盤の靭帯(じんたい)や関節がゆるんでいる時期に、妊娠の後期でお腹はどんどん大きく重くなり、その負担から骨盤に歪みが生じることが多くなります。

 

お腹が大きな妊婦さんが「がに股」気味に歩くのも、骨盤の歪み、骨盤の開きが原因になっているケースが多いのを知っていましたか?

 

大変な出産を経て子育てが始まれば、忙しい生活のちょっとした積み重ねで骨盤の歪みが進んでいきます。

 

妊娠・出産時のホルモンによるゆるみは産後3ヶ月から4カ月をかけてもとの状態に戻ろうとしますが、バランスを崩してしまった骨盤は正常な状態に戻らなくなってしまいます。

 

この骨盤の歪みが、産後にひどくなる肩こりの最大の原因なのです。

 

骨盤が歪むとどうして肩こりに?

 

骨盤の中央部分にある仙骨(せんこつ)と呼ばれる三角形の骨。

 

この骨は背骨の腰のあたりの骨が関節を作って背骨と骨盤がつながっているのです。

 

背骨には首の部分で前方に、胸のあたりでは後方に、腰の辺りでは前方にカーブがついていて、真横から見るとS字カーブのようになっています。

 

骨盤が歪むと骨盤に繋がっている背骨のS字カーブが乱れ、背骨を支える筋肉が硬くなり、頭を支えている首の筋肉、さらに肩甲骨まわりの筋肉にコリができて、これが肩コリになるのです。

 

骨盤の歪みで身体のバランスが悪くなると

 

・血行不良からのむくみ、冷え性

 

・便秘

 

・自律神経が乱れることからの精神的不安

 

・女性ホルモンの乱れからくる重い生理痛や生理不順など女性特有の悩み

 

などを引き起こすと言われています。

 

骨盤の歪みにも種類がある

 

「骨盤の歪み」は骨盤のねじれ、傾き、開き、の3種類に分類されます。

 

◎骨盤のねじれ

 

横座りやイスに腰かけた時無意識に足を組んでしまうなど左右のいずれかに重心をかけてしまうクセや習慣がある人に多い歪みです。

 

お尻や腰回りなどに脂肪が付きやすく、下半身太りの原因となります。

 

◎骨盤の傾き

 

バッグを左右どちらかの肩だけに掛けたり、食事の時に片側の歯だけで噛んだりというクセや習慣がある人に多い歪みです。

 

前方に骨盤が傾く反り腰気味になる人が多く、女性では婦人科系の体調不良を持つ人が多くなります。

 

後方に骨盤が傾くと猫背になりやすく、血行不良が引き起こす体調不良がおこりやすくなります。

 

どちらにも肩こりや腰痛の症状が現れます。

 

◎骨盤の開き

 

妊娠中のホルモンによって引き起こされる産後の肩こりに影響する骨盤の歪みは、骨盤の開きです。

 

産後、骨盤の歪みからくる不調をそのままにしてしまうと、内蔵や消化器などの不調、さらにはO脚・X脚などスタイルにも影響が出てしまいます。

 

産後に骨盤を正しい位置に戻すことは、その後の生活、健康、美容にとっても大変重要なことなのです。

 

骨盤の歪みをセルフチェック!

 

骨盤に歪みがあるのか、簡単なセルフチェックをしてみましょう。

 

◎床にテープなどで目印をつけます。その目印の上にまっすぐに立ちます。

 

◎目を閉じた状態で、腕を大きく振り、太ももを高くあげながら 目印の上で50回、その  場足踏みをします。

 

50回の足踏みが終わったら目を開けてください。

 

目印から1以上動いている場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。 

 

右側に動いている場合は骨盤が右側に、左側に動いている場合は骨盤が左側にズレている可能性があります。

 

前や後ろに動いている場合は骨盤が前や後ろにズレている可能性があり、猫背や反り腰も考えられます。

 

骨盤の歪みを矯正したい!

 

骨盤矯正は正常分娩の場合は産後1か月から、帝王切開の場合は産後2カ月頃から始めることが目安です。


骨盤を気にし過ぎて、出産直後からガードルや骨盤ベルトを着けるお母さまがあります。

 

骨盤を締めすぎると悪露の正常な排出を妨げることになり、母体の回復を遅らせる可能性もあります。

 

母体の回復には個人差がありますので、出産直後は医師や助産師からの助言を受けるようにしましょう。

 

帝王切開では赤ちゃんは産道を通っていませんが、骨盤が「リラキシン」の影響を受けてゆるくなる状態は正常分娩と変わりません。

 

医療機関と相談の上、体の回復を優先しながら少しずつ骨盤矯正を始めることをおすすめします。

 

自分に合った骨盤矯正を

 

産後の肩こり、骨盤の歪みには大きな個人差があり症状も様々だからこそ、「この悩み、実は私だけ…?」と不安に思ってしまうこともありますよね。

 

また、産後に骨盤矯正をせずに数年が経過してしまった場合、矯正に時間がかかることがありますが、骨盤矯正をすることで今後の体調、体型が変わってきます。

 

こういったことが自分自身のコンプレックスにならないためにも、骨盤矯正には自宅でのケア、医療機関で専門家の助言のもと行うケアなど様々な方法があるので、状態や症状に合った骨盤矯正を見つけていくことがとても大切です。

 

一人で悩みを抱えずに、専門機関などでまずは気軽に相談をしてみてくださいね。

 

わかば整体院では産後のお悩みに特化した施術をしております。

 

詳細はこちらをご覧ください。

産後尿もれに悩む原因

【妊娠中にも起こる尿もれ】

 

読んだり聞いたりしてはいても、実際に妊娠をして初めて直面するトラブルはたくさんあります。

 

その中でも尿漏れは妊娠中から出産後まで続くこともある身近なトラブルです。

 

妊娠から産後の体のお悩みは、たいてい人に言えないデリケートな部分のことが多く、他の人も悩んでいるかどうかわからず、漠然として不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

でも安心していただきたいのは、ほとんどの体調や体質の変化は妊娠による骨格とホルモンバランスの変化に伴うものであり、産後には十分ケアしていけるものだということです。

 

悪阻やお腹の張り、早産の不安なども含めると、妊娠中は次から次へと予期せぬ出来事が起こり、後になって振り返ると1日として気が休まらなかったというママもいらっしゃることと思います。

 

尿に関して言うと、妊娠中は膀胱が大きくなる子宮に圧迫されるため、ただでさえ頻尿になる傾向があります。

 

そして尿もれとなると、状況によっては準備していないと困ることもありますよね。

 

最近ではかなり薄型でも十分な水分量を吸収してくれるおりものシートも出ておりますし、妊娠中は様々なトラブルと上手に付き合っていこうという、おおらかな気持ちも大切になってきます。

 

【妊娠後期の尿漏れの原因】

 

①膀胱が子宮に圧迫されて常に尿意を感じるようになる

 

赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮も大きくなると、子宮の周りの臓器はいつもと違う位置に押しやられたり圧迫されたりします。

 

特に膀胱は子宮のすぐ下に位置しているため、その大きさの変化の影響をとても受けやすい部分です。

 

本来は、尿を我慢する力が勝っているので不意に出てしまうということはほとんどないのですが、子宮が大きくなると少しの尿でも膀胱が圧迫されて尿意を感じるようになります。

 

何気なく立ち上がった瞬間や座る時、歩いて移動している最中でも尿もれは不意にやって来ます。

 

花粉症持ちの妊婦さんは強い薬を飲むことも難しく、くしゃみや咳、鼻をかむにも尿意が気になり尿もれに悩まされる方が大変多いです。

 

②膀胱の筋力が弱まり尿道をコントロールしにくくなる

 

妊娠を維持するために必要な女性ホルモンの中に「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンがあるのですが、このホルモンには骨盤の周りの筋肉や靭帯を柔らかくする作用があります。

 

そのため、尿道の開閉をコントロールしている尿道括約筋のコントロールが利きにくくなり、尿もれになりやすい傾向にあるのです。

 

これはほとんどの妊婦さんが経験されることなので、過敏にならず、尿もれをするから水分を控えるなどの節制は体に負担となりますので気持ちを楽にして付き合いましょう。

 

妊娠中はむくみが気になることから水分を控えがちになりますが、水分が足りないと人間の体はさらに溜め込もうとする傾向があります。

 

むくみが気になる時は塩分を控える方が効果的です。

 

水分は血液を保つにも羊水を保つにも大切な存在ですので、妊娠中は何度もトイレに行くということを周囲にも理解してもらいながら、水分補給にストレスを感じないようにしましょう。

 

【産後の尿もれ】

 

妊娠後期から始まった尿もれが、産後におさまる方もいらっしゃいますが、さらに気になるようになったというケースもまたあります。

 

それは、妊娠中に緩んでいる尿道括約筋は骨盤底筋に繋がっている筋肉であり、出産を経て骨盤底筋が伸びたままになると尿道括約筋も同じように開閉のための伸縮が追い付かなくなるからです。

 

分娩時間が長いとその分骨盤底筋にも負担がかかりますので、良い陣痛とタイミングの良い「いきみ」が理想的な理由には、安産の他にも産後の骨盤底筋の回復が早く見込めるというメリットがあるからなのです。

 

もしくは、知らないうちに分娩の際に膀胱の周りの神経組織に傷がつき、尿意そのものに気づきにくくなっているという場合もあります。

 

この場合は神経組織が修復することで徐々に感覚も回復しますので、尿もれパッドや生理用品を上手に活用して、体の回復を優先しながら過ごすようにしましょう。

 

【骨盤矯正で尿もれ解消】 

 

立ち上がったり抱っこをしたりするたびに尿もれが気になるという方は、骨盤を正しい位置に整えて尿道括約筋に繋がる骨盤底筋を鍛えるという施術も視野に入れると良いでしょう。

 

骨盤が定着していない間に重たい荷物を持つなどの負担になるようなことはなるべく避け、退院後も赤ちゃんのお世話以外のことは無理せず、時には後回しにすることも大切です。

 

産後、尿に関係するトラブルは骨盤の緩みや歪みが関係しています。

 

出産を終えて授乳のサイクルも整い、ママの外出が可能になったら、まずは骨盤の状態からメンテナンスしてみるのはいかがでしょうか。

 

そのままにしておいて治る症状なのか悪化していく症状なのかは、自己判断で判別するのは難しい問題です。

 

わかば接骨院では、産後のお悩みに応じた骨盤矯正の施術を行っております。

 

産後の骨盤矯正の詳細はコチラをご覧ください。

恥骨の役割と産後のケアについて

【恥骨ってどんな骨?】

 

恥骨って体のどこにある骨でどんな役割をする骨なのか知っていますか?

 

恥骨について知るためには、まず骨盤の構造を理解する必要があります。

 

骨盤というと、「腰の周辺にあって、子宮などを守っている骨。」という認識をしている人もいるのではないでしょうか?

 

おおむね正解なのですが、実は骨盤はひとつの骨を指しているわけではなく、8つの骨が集まって構成されているのです。

 

骨盤は、お尻の付け根にある坐骨が結合している寛骨、その後ろにある仙骨、上部の背中側には左右対称に羽のように広がった腸骨があり、腹部にある恥骨が組み合わさって構成されています。

 

恥骨は骨盤を構成する骨のひとつで、左右に一つずつあり、骨盤を前面でつなぐ役割をする骨です。

 

この左右を繋ぐ部分を恥骨結合といい、恥骨に問題が起こるとこの恥骨結合に痛みが発生することが多いです。

 

骨盤は男性にも女性にもありますが、体の中で最もその形状に顕著な男女差が出る部分でもあります。

 

特に女性の恥骨は、子宮を守る役割を果たし、妊娠すると胎児ごと子宮を保護して出産まで体の外に出てこないように下半身を締め、出産の際には緩んで産道を広げる働きをします。

 

女性の恥骨には、妊娠から出産までを、スムーズに進める役割もあるのです。

 

【妊娠中から産後の恥骨に起きる問題とは?】     

 

妊娠から出産、そして産後の恥骨に起こるトラブルの理由についてご紹介します。

 

<妊娠初期の恥骨の痛み>

 

妊娠初期(2カ月~4カ月)に起こる恥骨の痛みは、妊娠すると分泌量が増える女性ホルモン「リラキシン」が影響しています。

 

リラキシンが分泌されると、出産に向けて靭帯が少しずつ緩んでいきます。

 

靭帯が緩むと、その周辺にかかる関節や筋肉への負担が大きくなって、恥骨が痛くなります。

 

リラキシンというホルモンは、女生理前に分泌されるホルモンでもあります。

 

そのため、妊娠していなくても生理前になると恥骨に痛みが出るという女性も少なくありません。

 

なお、生理前に恥骨が痛くなるといった自覚症状がある人は、妊娠初期に恥骨痛を訴える可能性が高いです。

 

<妊娠中期の恥骨の痛み>

 

妊娠中期(5カ月~7カ月)に起こる恥骨痛は、体型が大きく変化することで発生します。

 

妊娠中期に入ると、お腹周りも急激に大きくなり、その重さを腹筋や背筋で支えなければいけなくなります。

 

しかし、急激な体重の増加に腹筋や背筋だけで耐えるのは難しく、恥骨にも負担がかかるため痛みが発生するのです。

 

また、妊娠中期はつわりも落ち着いて食欲が出てくる時期でもあるため、一気に体重が増加しやすいのです。

 

<妊娠後期の恥骨の痛み>

 

妊娠後期(8カ月~10カ月)は、お腹もかなり大きくなり、歩くのもやっとの状態になります。

 

この時期のお腹の重さは8kg~10kgにまでなり、最も体への負担が大きいです。

 

特に、その重みを支える骨盤及び恥骨には多大な負荷がかかり、多くの妊婦さんがこの時期に恥骨痛を経験します。

 

さらに、出産が迫って来るとリラキシンの分泌量が再び増えて、靭帯を緩めるためより痛みを感じやすくなります。

 

<出産後の恥骨の痛み>

 

出産後に恥骨の痛みが現れるのは、出産に伴う骨盤の歪みが関係しているケースが多いです。

 

出産までに靭帯が緩み、赤ちゃんが産道を通るときに恥骨結合部が歪んだりねじれが生じて、傷が付いて痛みが出ます。

 

さらに、産後の緩んだ骨盤で過ごすことで、骨盤の歪みが激しくなっていき、恥骨痛を引き起こすのです。

 

出産で傷ついただけなら、産後しばらく時間が経過すれば自然に傷が回復して痛みは治まります。

 

もしも出産が終わってから、数カ月以上経過しても痛みが治まらない場合は、医療機関で相談してみましょう。

 

【恥骨が痛くなった時は】

 

痛みが顕著に表れる恥骨結合は、骨盤の中央に位置し骨盤を支える重要な部分です。

 

また、恥骨結合は細菌に感染しやすく、一度炎症が起きると再発を繰り返すことも少なくありません。

 

もともと左右の骨を支える役割もしている恥骨結合は、負荷がかかりやすい場所でもあり、ちょっとした刺激や衝撃で痛みに繋がるのです。

 

恥骨の痛みには進行具合によって段階があります。

 

初期段階では、チクチクとした痛みやたまにズキッと痛むことがあるものの日常生活に支障が出るほどではない状態です。

 

この段階で悪化する前に、ケアできれば悪化を防ぐことができます。

 

重症化すると、歩くだけでも激しい痛みを感じるようになり、体を動かさないようになって筋力が低下し、ますます恥骨への負担が増えるという悪循環に陥ります。

 

最初のうちは、恥骨の痛みに気づかない人もいるですが、臨月を迎える頃に痛みの自覚症状が出るケースが多いです。

 

症状が重くなるほど、痛みが激しくなりますし、治りも遅くなるので早めに治療を始めましょう。

 

骨盤の歪みが痛みの原因となっている場合は、骨盤矯正で歪みを整えることで痛みが軽減していくこともあります。

 

わかば接骨院では、産後のお悩みに応じた骨盤矯正の施術を行っております。

 

産後の骨盤矯正の詳細はコチラをご覧ください。

産後太りを改善する生活習慣

【産後太りの対策方法って?】

 

産後太りで多くのお母さんが悩んでいると言われていますが、赤ちゃんが生まれてから、ダイエットを試みても生活が激変してしまいそれどころではありません。

 

無理なダイエットや極端に食事制限をしてしまうと、母乳がうまく出なくなったり、体調を崩してしまうこともあります。

 

産後のダイエットを取り組む際は、赤ちゃんのお世話もあるので、無理をしないやり方が一番ですが、どうすればいいのか迷って悩まれる方も多くいるのが現状です。

 

しかし、これらは生活習慣の見直しと、産後太りの原因を知ることで改善させることができます。

 

赤ちゃんを楽しく育てるためにも、悩みを抱えたままだとストレスにもなってしまいます。

 

今回は、そんな産後太りの対策と生活習慣の改善について説明していきます。

 

【産後太りの原因は骨盤にある?】

 

産後太りのきっかけとして、ほとんどが骨盤の歪みが原因だと言われています。

 

妊娠中は産道をつくるため骨盤が広がり、リラキシンというホルモンが大量に分泌されます。

 

リラキシンは関節、靭帯を緩める働きがあるので、これにより腹圧が下がってしまい、胎児の成長と一緒にお腹が大きくなります。

 

出産後、緩んだ状態をそのままにしておくと、お腹が出たままでたるんでしまいます。

 

妊娠中に緩んでしまった骨盤は、筋肉だけで支えることになります。

 

しかし、お腹が大きくなると体を動かすことが難しくなるので筋肉のバランスが崩れてしまいます。

 

筋肉が極端に偏ったり、バランスを崩してしまい筋肉疲労が進むことで、骨盤の中の子宮や腸などの内臓が下がってしまいます。

 

そして、反り腰の姿勢を続けてしまうことで腹筋が伸ばされ、筋力が落ちてしまうため、さらにお腹がぽっこりしてしまいます。

 

こういった原因が重なることでぽっこりお腹になり、運動をしただけでは改善されません。

 

【生活習慣の改善と骨盤の歪み対策】

 

骨盤の歪みに気を付けるため生活習慣を整えることがポイントとなります。

 

産後の姿勢に気を付ける

 

産後のお母さんは、赤ちゃんを抱っこするときに姿勢が崩れてしまうので、骨盤の歪みに大きな影響を与えてしまいます。

 

どのような姿勢で過ごすかを意識するだけでも、骨盤の歪み具合は大きく変わってきます。

 

目を酷使しないように気を付ける

 

目を酷使することで、肝臓に大きな負担がかかります。

 

目と肝臓は関係していてどちらも「血液」が共通点となります。

 

肝臓の働きは血液の流れを良くし、非常に重要な機能が多い臓器で、様々な毒素を排出してくれたりします。

 

目の酷使で、肝臓に負担がかかることで、働きが弱くなり、血液の質が落ちてしまいます。

 

そのうえ、産後の疲れも取れず、子宮の回復も遅らせてしまうことにもなるので、女性機能の低下にも繋がってしまいます。

 

なるべく目に負担がかからないように、テレビ、スマートフォン、パソコンからは離れましょう。

 

バランスを考えた食事

 

偏った食事をしてしまうと、母乳で育てている場合は、赤ちゃんに栄養がしっかりと行き届かなくなってしまいます。

 

健康を維持するためにも極端に食事を減らしたり、脂質、糖分などが多い食事は避けましょう。

また和食中心にすることで、栄養のバランスが整った食事法と言えます。

 

リラックスする時間を増やす

 

子育てでストレスが多い生活を続けていると、身体も緊張してしまい、筋肉に力が入ります。

身体が緊張してしまうと、骨盤周りの筋肉がバランス悪く動いてしまうこともあるので、そういったキッカケにより骨盤が歪んでしまいますので無理をせず、リラックスする自分の時間も大切にしましょう。

 

産後の骨盤のケア

 

産後の骨盤のケアは、個人でも出来るストレッチ、マッサージ、骨盤矯正体操、骨盤ベルトを使って骨盤矯正をする方法などはありますが、育児でも忙しく一人で悩みを抱えるよりも、しっかりと身体の状態、生活環境を問診してくれる整体院もいいでしょう

 

【骨盤矯正で妊娠前のすっきりな体に】

 

9割の女性が骨盤が歪んでいると言われ、それで出産をするのでさらに歪みが生じてしまい、骨盤の緩みは広がってしまいます。

 

緩んだ骨盤を、骨盤矯正によって整えることで、本来の姿に戻します。

 

産後に、なにもしないと確実に体型は変わり、一時的に戻ったとしても骨盤が歪んでいる限り、いつリバウンドが起こるかわかりません。

 

リバウンドしにくい身体づくりのためにも、骨盤矯正は効果的と言えるでしょう。

 

自分で骨盤矯正をするのは少し不安という方は、整体院でプロの施術を受けることでスムーズに改善に向かうこともできます。

 

プロの施術を受けるメリットは、産後の体の状態や生活環境などのその人にあった問診してくれることです。

 

個人差はありますが、ダイエット効果だけではなく、自身でも気づかなかった体の不調が改善されたり、美容の面での効果も期待されます。

 

この他にも、様々な効果が期待され、わかば接骨院でも産後の女性のための骨盤矯正に関する相談・施術に対応しております。

 

産後の骨盤矯正の詳細はコチラをご覧ください。

 

産後太りによる起きるリスク

【出産後に気を付ける点】

 

十月十日もの妊娠期間を得て、女性は新たな生命を誕生させますが、その際体には様々な変化が訪れます。

 

代表的な例で言うと、味覚の変化もその一つです。

 

今まで好きでなかった食事を好んで食べるようになったり、今まで嫌いなものが好きになるなど、いろいろ変わるため、食事のバランスに気を付けなければいけません。

 

しかし、その他にも体の変化によって気を付けるべき部分があります。

 

それが産後太りです。

 

今回は出産後の産後太りで注意すべきポイントを紹介します。

 

【産後太りにより起きるリスク】

 

主に起こるリスクとしては、体重増加による

 

・膝痛

・腰痛

 

です。体重が増えることで関節に負担が掛かり、痛みを伴うことがあるのです。

 

特に産後の育児では、赤ちゃんはまだ首がすわっていないので、抱っこするのにも腰に負担がかかりますし、そのほかにも座ったり立ったりする回数が自然と増えます。

 

骨盤などで歪みが生じている方がこの動きをすると、膝が内側に入っていたり、ねじれてしまい痛めてしまう可能性が高くなるのですが、体重が増加している方はさらにその確率が上がります。

 

【産後太りをしたまま第二子を出産する場合のリスク】

 

特に心配されるのが、第二子を妊娠・出産の際起きるリスクです。代表的な例で言うと

 

①妊娠糖尿病

 

妊婦の方がなる糖尿病で、発症することで胎児が巨大化するリスクと合わせ、自然分娩が難しい為帝王切開になる可能性が上がります。

 

帝王切開での出産は、母体に大きなダメージを与える上に次の出産での帝王切開になる可能性が高くなるので、注意が必要です。

 

②妊娠中毒症

 

体重の増加や血圧・むくみなどで確認される妊娠中毒症は、放置しておくと未熟児や早産などの危険性が高くなります。

 

特に体重の増加が激しい方は要注意です。

 

③難産になり、出産のダメージが大きくなる

 

脂肪が多くついている状態では、産道も狭くなり難産になりやすいと言われています。

 

さらに難産になり出産自体の時間が長引くと、母体が大きなダメージ受けて回復が遅くなり、入院が長引く可能性があります。

 

入院が長引けばそれだけ入院費が必要になりますし、多くの体力が奪われてしまうため、育児でも大変な思いをする方がたくさんいらっしゃいます。

 

④妊娠線ができやすくなる

 

太ったまま妊娠してしまうと、1人目は大丈夫だった方も妊娠線が出来やすくなると言われています。

 

これは中の胎児が大きくなりやすいことが原因です。

 

一度ついてしまった妊娠線は消すのが難しいため、できないようにするためのケアが大切です。

 

【産後太りをしてしまったら…】

 

もし、産後太りをしてしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

もちろん太らないことを目指すことが大切ですが、体重が必要以上に増えてしまったらダイエットをする必要があると言えます。

 

しかし、そこでポイントとなるのが【産後ダイエットをしてもいいのかどうか?】という点です。

 

産後は母体がまだダメージを受けており、栄養が偏ってしまうと母乳に影響が出たり、回復が遅くなってしまうので過度なダイエットは難しいと言えます。

 

しかし、全てのダイエットがダメという訳ではありません。

 

野菜を中心としたバランスの取れた食事や、軽い運動(ストレッチ)であれば体の調子がいい時に行っていきましょう。

 

また、ドカ食いを止められない方は「好きなものを好きなだけ食べる」のではなく、出産後に必要な栄養が豊富に含まれている野菜や果物、牛乳などを摂取し、お腹を満たしましょう。

 

特にストレスは産後太りと大きく関係していると言われているので、ため込んでいる方は注意が必要です。

 

しかし、産後のお母さんは慣れない育児に加えて家事もこなさなければいけないので、ストレス発散がなかなかできないのが現状です。

 

そこで産後太り対策が自力で出来ないという方におすすめなのが骨盤矯正です。

 

【骨盤矯正で産後太り対策】

 

産後太りと骨盤矯正は大きく関係していると言われています。

 

骨盤はとは、仙骨・尾骨・寛骨の3つの骨から出来ていて、下半身・下半身を連結させる大切な役割を持っています。

 

また、その他にも内臓を支えていたり、出産時には赤ちゃんが通りやすくなるために骨盤を開き、産道を大きくします。

 

この時、骨盤は逆三角形の形から四角形になってしまいます。

 

四角形になると、内臓が下に下がって太って見えたり、さらには代謝が落ちて太りやすくなったり、産後の悩みの代表的な尿もれや股関節痛までも引き起こしてしまうのです。

 

しかし、通常であれば骨盤が変形するのは産後前後で、時間をかけてゆっくりと元に戻っていきます。

 

ただしすべての方が通常通り元に戻るわけではありません。

 

中には歪んだままになっていたり、開いたままになっている方がいます。

 

すると産後太りのリスクが高くなってしまうのです。

 

そうならないためにも、産後の骨盤は専門機関で骨盤矯正を行ったり、骨盤のストレッチ・矯正ベルトを検討しておきましょう。

 

わかば接骨院でも、産後の骨盤矯正を行っております。

 

産後の骨盤矯正の詳細はコチラをご覧ください。