帝王切開後の骨盤矯正

帝王切開による出産でも安心・安全な産後骨盤矯正をご希望の方へ

[`fc2` not found]
LINEで送る

 

経験豊富な保育士による無料託児を行っており、産後ママでも生後1ヶ月〜赤ちゃん連れでのご来院OKです!

専用の託児ルームでお子様を大切にお預かりします
※専用の託児ルームでお子様をお預かりします。
常時2~3名の託児スタッフが安全にお子様をお預かりします
※常時2~3名の託児スタッフが安全にお子様をお預かりします。

 

産後の骨盤矯正を受けられた方はこんな風に変化しています!

施術前

施術後

ビフォーアフター症例

※これは個人の結果であり、効果を保証するものではありません。

施術前

施術後

ビフォーアフター症例

※これは個人の結果であり、効果を保証するものではありません。

施術前

施術後

ビフォーアフター症例

※これは個人の結果であり、効果を保証するものではありません。

※これは個人の結果であり、効果を保証するものではありません。

もっと見る

 

産後骨盤矯正の紹介動画

 

 

 

お得なセットメニューもあります。詳しくは直接お問い合わせください。

 

こんなことでお困りではありませんか?

 帝王切開の傷の痛みが引かない

 お腹がポッコリでてしまった

 体に倦怠感がある

 お腹の奥に違和感を感じる

 体に力が入りにくい

 

帝王切開でも骨盤矯正が必要な理由(帝王切開でも骨盤矯正って必要なの?)

時々質問されることがあります。「帝王切開でも、骨盤矯正ってした方がいいのでしょうか?」と。これについては、帝王切開でも必ず骨盤矯正はしたほうがいいです!というのが答えです。

 

なぜなら帝王切開では、妊娠時に分泌される骨盤をゆるめるためのホルモンが産後にも出続けてしまう可能性があるからです。通常の出産だと、赤ちゃんが産道を通過した後に骨盤のぐらつき、歪みはなくなります。

 

しかし、帝王切開では赤ちゃんが産道を通過しないため、体が妊娠している状態のままだと勘違いを起こしてしまうことがあるのです。そのため、骨盤をゆるめるためのホルモンが分泌され続けると筋疲労を起こし、だるさが出てしまったり、臓器が前に垂れ下がり、その結果ポッコリお腹になってしまうのです。

 

産後のぽっこりしたお腹をへこませられる?

ぽっこりお腹をへこませることはもちろん可能です。

 

出産時には、骨盤は広がり、関節は歪んでいる状態です。すると、骨盤の上にある臓器が通常の位置よりも垂れ下がります。妊娠中の仙骨が歪み前傾したままになっていると反り腰になりお腹がポッコリしていきます。

 

さらに帝王切開の場合だと、子宮を傷つけているため血流が悪く垂れ下がりやすくなってしまいます。そのため、骨盤矯正によって傷まわりの血流を活発にしたり、反り腰、関節の歪みを取り除くことでポッコリお腹は解消することができます。

 

 

 

当院の施術方法

一概に骨盤矯正と言っても、通院する接骨院や整体によって方法と効果は全く異なります。

当院では、骨格を整えて骨を本来の位置に戻す特殊な整体法(BMK整体)を用いています。
BMK整体は首・肩・腰の不調を抱える方に特に有効で、産後の骨盤をはじめ背骨の歪みを整えることで、産後特有の疲労しやすい身体を改善させることができます。

BMK整体は、平成29年10月に行われた臨床試験で91.7%以上の方に効果が見られ、その高い効果が実証されました。※調査機関:アイメック
同時に内臓の働きも良くなるため、自然治癒力や運動能力、基礎代謝の向上にも効果が期待できます。
『バキバキ』や『ボキボキ』する整体ではなく皆さん『いた気持ちいい』とおっしゃいますのでご安心ください。

また、当院の施術はBMK整体だけでなく、年間延べ4,000人以上の産後ケア施術の経験で培った独自の骨盤矯正を掛け合わせて施術させていただいております。
その結果、多くの帝王切開後の骨盤の症状でお悩みの方を改善に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

 

 

帝王切開による出産後に産後骨盤矯正を受けられた方の声

帝王切開、2人目のご出産、産後2ヶ月から通院

 

自然分娩の方だけでなく帝王切開の方も骨盤ケアが大切だと思います。

 

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

帝王切開、2人目のご出産

産後2ヶ月から通院

 

私は帝王切開で出産をして、出産後傷口が痛くて歩き方がおばあちゃんみたいでした。

傷口の痛みから抱っこひもを使えるようになるまで時間もかかり、結局普通に抱っこをして肩こりがひどくなったり、お腹の傷をいつも気にしながら生活をして、周りのママは痩せて細くなっていくのに私はお腹の戻りが悪く、インターネットで調べてこちらのわかば接骨院を知りました。

 

産後2か月の頃から通い始めて、悩んでいた歩き方・肩こりも改善され、妊娠が分かる前に買ってしまって絶望していた4本のパンツも来年の夏に履けたらいいなぁと思っていたのですが、今年履けるようになって大満足です。

 

帝王切開で産後の骨盤ケアをしない方もたくさんいて、受けていない方も痩せていくけど後ろ姿が元通りに戻っていない気がします。

長い期間お腹の中に赤ちゃんがいたので、自然分娩の方だけでなく帝王切開の方も骨盤ケアが大切だと思います。

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

帝王切開、2人目のご出産、産後6ヶ月から通院

 

背中の痛みや腰痛も良くなって、猫背や反り腰がすごく改善して姿勢が良くなりました

 

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

帝王切開、2人目のご出産

産後2ヶ月から通院

 

産後、下腹がぽっこりして困っていたところ、友人からわかば接骨院さんを紹介いただいたことがきっかけで通院し始めました。

 

もともとの姿勢の悪さに加え授乳や抱っこをすることで、猫背になったり背骨の反りが強くなったり腰痛がありましたが、通い始めたら、背中の痛みや腰痛も良くなって、猫背や反り腰がすごく改善して姿勢が良くなりました。

 

2人目を出産後下腹のぽっこりがなかなか戻らなくて気になっていたこともありましたが、妊娠前に履いていたズボンも余裕で履けるようになって、整ったからこそ痩せたいとか綺麗になりたいと思えるようになりました。

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

帝王切開、1人目のご出産、産後4ヶ月からのご来院

 

わかば接骨院では骨盤だけではなく、その時に不調に感じているところも診てもらえて全身を評価してもらえることが良かった

 

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

帝王切開、1人目のご出産

産後4ヶ月からのご来院

 

帝王切開で出産後3か月ほど傷口が痛み、座るか寝ているかの生活をしていました。
骨盤矯正は早くからスタートすることがいいと思っていましたが、産後の痛みが長く続きなかなか始められず、身体のメンテナンスをしようという気持ちになったのが3、4か月・・・。

 

筋力が落ちていると感じ、急に走った時に股関節が痛かったり抱き上げる時に膝が痛かったり、節々に痛みが出てとても不安でした。
踵の痺れや違和感があって、帝王切開によって神経が傷ついたのではないかと不安になり、友人の紹介で通院することにしました。

 

3回目ぐらいまでは施術後2、3日身体がだるかったりしたのですが、4回目以降からは身体が軽くなり楽になりました。

 

他院で骨盤矯正を受けたことがありますが、その時は骨盤を締めることがメインだったけど、わかば接骨院では骨盤だけではなく、その時に不調に感じているところも診てもらえて全身を評価してもらえることが良かったと思います。

 

いつでも遅くはないので自分のタイミングで始められるといいなぁと思いました。

 

※これは個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

骨盤矯正はいつから開始できる?ベストなタイミングとは?

ズバリ!産後1ヶ月ごろから施術をお勧めします。

産後の骨盤矯正としての基本的な適用期間は、産後1ヶ月~6ヶ月です。

産後1ヶ月以内:安静にしておきましょう。

産後1ヶ月~3ヶ月:ベストタイミング。

産後3ヶ月~6ヶ月:矯正可能。早い段階で始めていただくことをオススメします。

6ヶ月~1年:少し時間はかかるが、矯正は出来る。

産後1年以上経過:検査をさせていただき、変化するかどうかを判断するので、ひとまずご来院ください。※初回のみ要予約

 

ただ、帝王切開の傷が痛む方、気になる方は、その旨を事前に仰っていただければ少しだけタイミングをズラして施術をスタートさせることも可能ですので、遠慮なくご相談いただければと思います。

 

 

骨盤矯正ってどんな施術をするの?

 

 

よくある質問

Q,帝王切開の傷口が開いたり、痛みが出たりしないのか心配なのですが、骨盤矯正をして悪化したりしませんか?

 

A,当院は骨盤矯正だけでなくより傷口に負担のかからない専門的な産後ケア施術を行なっています。ほぼ毎日帝王切開の方の施術をしておりますが、悪化したことは一度もありませんのでご安心くださいね。

 

Q,そちらで骨盤矯正をするのに骨盤ベルトを使う必要はありますか?傷口に当たって痛いのでできれば避けたいのですが、、、

 

A,腰の痛みや骨盤を安定させるために産後は骨盤ベルトを付けていた方が良いのは事実です。

ただ、傷口に当たって痛みが出る場合は使用を控えて頂き、骨盤矯正やご自宅でのエクササイズで骨盤を整えることができるように対応しますね。

 

Q,産後のお尻太り、たるみを妊娠前に戻したいのですが、骨盤矯正で改善しますか?

 

A,個人差はありますが、骨盤を締める事でお尻が引き上がります。妊娠中は足をあげる動作が少なく、筋力低下がおき、弛みが出てしまう方が殆どです。

ですので、骨盤を締め、筋力が戻ってくることでお尻も引き上がっていきます。

 

私の産後ケアへの想いを聞いてください。

 

『産後ケアが当たり前になる世の中にする』
これが私の産後ケアに対する想いです。

はじめまして。わかば整体院院長の須崎章博です。平成22年5月にわかば接骨院・整体院を開業しました。   私は、『産後ケアを世の中に広げていく』と決めています。

私はこれまで、多くの女性特有の悩みや苦しみを目の前で見てきました。
特に入院期間が諸外国と比べて圧倒的に短い日本の産後のママの環境は、世の中にもっと知ってもらうべき社会的課題の一つだと感じています。

目の前で見た『産後うつ』や『育児ノイローゼ』。。。
ある子供の笑顔があったことで
『ママの身体だけでなく、心も健康にすること』それが私の使命・志となりました。

そして私は、平成26年にわかば整体院を産後骨盤矯正専門とする方針を決めました。
→私が産後ケア専門院を立ち上げることになったきっかけとは?
その後、多くのママたちが来院してくれるようになり、スタッフも増え、2人の子供にも恵まれました。

脳科学では、3歳ぐらいまでは、赤ちゃんは自分とママは一心同体だと思っています。 また、子供のセルフイメージは、6歳までに85%決まると言われています。 6歳までに一番近くにいるのはママです。「だからこそママを元気にしたい」のです。 フランスや台湾などの諸外国に比べ、日本の産後ケアは遅れをとっています。 『産後ケアが当たり前になる世の中にする』 これが私の産後ケアに対する想いです。 もし、あなたが産後でお悩みがありましたら、是非当院にご来院ください。 きっとお力になれると思います。
→院長の紹介、開業までのエピソードはこちら

わかば整体院 院長

 須崎 章博

[`fc2` not found]
LINEで送る